未分類

ビットコイン価格のプルバックは6900ドル以下の弱気な価格回復の危険がある

Pocket

  
ビットコイン相場は、短期間の強気の見通しを避け、6,905ドルの主要な価格支持線を守る必要があると、テクニカルチャートは示唆しています。

水曜に7,139ドルの最高値に達しながら、ビットコインはここのところBitfinexで約6,920ドルで取引されています。24時間単位で2パーセント減少しています。

この減少は驚くべきことではありませんが、前の二週間に見られた21パーセントの持ち直しは伸びすぎであったように思われます。更に注目すべきことに、100日以下での6,905ドルの移動平均線(MA)がビットコインに認められると、短期間の強気相場は弱まってしまいます。

デイリーチャート

  
ビットコインの昨日の値動きはローソク足の「コマ」となり、最低価格から8,507ドルまで21パーセント持ち直した背景と比較すると、上昇力は枯渇したように見えます。

先を見ると、100日以下のMAが6,905ドルで並んでいるUTCはローソク足のコマを立証し、上昇ウェッジの下放れにリスクを移転するでしょう。

ウェッジサポートを受け入れることで、強気から弱気への傾向の変化が確かになりました。5,859ドルの最低価格からの持ち直しが終わり、7月に起きた8,507ドルの高値からのより大きな下降が再開しました。このケースで、ビットコインは6,000ドルを下回る近頃の最低水準に再び達する可能性があります。

したがって、短期的な強気の見通しを損なわないようにするためには、相場は100日間のMAを6,905ドルで守る必要があります。 しかし、短期間のデュレーションチャートではさらなる損失のリスク増加が示唆されているため、難しい判断になるかもしれません。

4時間チャート

  
上記チャートから読み取れるように、ビットコインは上り調子のトレンドラインを破り弱気に転じています。更に、相対力指数(RSI)は上昇するトレンドラインの支持を阻害しています。結果として、盛んな弱気筋はビットコインを上昇性の50のローソク足MAに押し下げ、6,735ドルに位置しています。

見通し

  
・6,905ドルを下回るUTCの終値は、上方へのコマの弱気反転を裏付け、上昇ウェッジのパターンの下離れを強めるでしょう。
・上昇ウェッジの分析結果は、7月の8,507ドルの高値からのセルオフの再開を示しており、2月の6,000ドルの安値まで下がる可能性があります。
・100日間のMA上の本日の終値から、強気筋はゲームに参加し続け、今後数日間は7,200ドル以上が続くでしょう。

情報公開:作者はこの記事を作成した時点でいかなる暗号通貨資産も保持していません。

Pocket

関連記事