ニュース

コインベースが安全なビットコイン決済システムの特許を取得

Pocket

新たに発行されたコインベースの特許は、顧客にとってより安全なビットコインによる支払方法を保護することを目的としています。

8月14日に公開された文書で、米国を拠点とする暗号通貨取引所であるコインベースは、ユーザーがデジタルウォレットから直接ビットコインを使用して支払いを行う決済ポータルをどのように発展させていくかについて説明しています。

「ビットコインアドレスの秘密鍵が自分のウォレットから盗まれる可能性があることを、ユーザーはセキュリティ上の問題としてとらえているでしょう」と書類には述べられています。 「既存のシステムでは、秘密鍵に対するセキュリティを維持するための解決策は提供されない一方で、ユーザーが商品のページでウォレットを使用してチェックアウトや支払いを行うことは可能です。」

このようなシステムは、「キーセレモニー」をセットアップすることで、ユーザーのパスフレーズによって暗号化された操作用マスターキーに結合された共有鍵を作り出します。それは公開して利用することが可能で、使用後には削除することができます。

操作用マスターキーは、支払い時の秘密鍵の暗号化や、取引の署名に利用されます。

処理過程に採用されている、書類上で「フリーズ・ロジック」と呼ばれているものは、管理者がシステムを中断することを選択した場合にトランザクションを自動的に停止するセキュリティ対策です。

「マスターキーがロードされた後の任意の時点で、システムを凍結することができます。システムは、凍結後にキーセレモニーのキーを使用して解凍することができます。 チェックアウト処理はシステムが凍結されていても解凍されていても可能です。支払い処理は、システムが解凍されている場合にのみ実行できます。」と書類には述べられています。

この特許は続けて、システムにはAPIキーも含まれていると記しています。それは、様々なWebサイトが独自のバージョンのポータルを立ち上げることができることを意味しています。

そのAPIキーには2つのパーツがあります。1つはホストサーバーに固有のもの、もう1つはコインベースが開発したシステムに保存されるものです。 この2つの鍵は、トランザクションを通過させるために一致させる必要があり、ユーザーに更なる安全性をもたらします。

この記事の翻訳元
Coinbase Wins Patent for Secure Bitcoin Payments System – CoinDesk

Pocket

関連記事