ニュース

カリフォルニア州、暗号通貨による政治的寄付を認める方向

Pocket

カリフォルニア州の公職の候補者は、もうすぐ暗号通貨による寄付を受け取ることができるようになるかもしれません。

カリフォルニア公正政治慣行委員会は、木曜日に、公職の候補者が暗号通貨を選挙活動への寄付金の一環として受け入れることができるかどうかを含む、同州が直面している様々な選挙問題を議論するために会談しました。

最終的に、審議委員はヒアリングで提案された改正案のいずれも採用する判断は下さず、問題を完全に理解していないことを認めました。 2014年には、連邦選挙管理委員会は、連邦選挙法により、候補者がビットコインのような暗号通貨を寄付の一種として受け入れることができると制定しました。

木曜日のヒアリングでアリス・ジャーモンド議長は、「暗号通貨」の定義が必要であることを示し、次のように述べています。

「私はビットコインについて、アメリカの通貨よりむしろユーロのような通貨に似ていると考える傾向にあります。このような私の考えをさらに深めるために更なる情報が必要です。」

調査には時間が必要

無党派の政治支援団体カリフォルニア・コモン・コースの政務責任者であるニコラス・ハイドンは、委員会がさらに問題を調査するまでは暗号通貨の寄付を許可しないことを提案する意見を述べました。 結局のところ、審議委員はこの考えに反対しました。

特に、アリソン・ヘイワード委員は、暗号通貨による寄付を完全に禁止するという考えに反対し、決定を下す前にもっと情報を収集したいと述べています。

「暗号通貨は新しく、機密性が高く設計されているのは明らかですが、最終的にブロックチェーン技術は追跡のための非常に安定したツールになるでしょう」とヘイワードは述べました。

また、「まだその段階にあるとは思いませんが、何かを防ぐにあたり後手の対応に回るのは好ましくありません。それがどのようになるかも分かりませんが…ブロックチェーンは私たちにとって非常に便利なツールかもしれないのに、それを阻むのも好ましくありません。」と付け加えました。

ブライアン・ハッチとフランク・カルデナス両委員は、完全に禁止するという考えには反対していますが、ハッチは、詐欺は依然として重要な問題であると述べました。 彼は、候補者が州内部から寄付されたと主張する暗号通貨が実際には異なる出所から来たものである可能性を挙げています。

委員たちは、今年の中期選挙には寄付のうち約100ドルを上限とすることが適当であろうとの大筋の合意に至りました。 委員会は、検討すべき即時選挙が行われない場合、2019年までその問題を調査し続けることができるでしょう。しかし、この提案は木曜日の会議で正式に採択されたわけではありません。 委員会は来月、再びこの問題について会合を行う予定です。

この記事の翻訳元
California Is Open to Allowing Crypto Political Donations – CoinDesk

Pocket

関連記事