ニュース

米国上院、ブロックチェーンのエネルギー効率を分析する

Pocket

米国上院が来週、ブロックチェーン技術の見直しを始めます。

エネルギー・天然資源委員会は「ブロックチェーンとそれに類似する技術におけるエネルギー効率」と題したヒアリングを8/21に開催し、ブロックチェーン技術が電気料金にどのような影響を及ぼしどのような利益を生むかをよりよく理解しようと試みることが、木曜日に報じられました。

「このヒアリングの目的はブロックチェーンとそれに類似する技術のエネルギー効率と、そのような技術をエネルギー産業に応用した場合のサイバーセキュリティにおける可能性を検討することです。」と述べられています。

具体的な疑問は「ブロックチェーンアプリケーションによる電気需要の増加により電気料金は上昇すると予想されるか?」ということです。

またブロックチェーンとそれに類似する技術がエネルギー供給コンピューターシステムにおけるオンラインのセキュリティの向上をすぐにもたらすかを評価することも目的とされています。

発表によると証言の立会人がいるようですが、それが誰であるか詳細は明かされていません。

上院委員会がブロックチェーンの可能性とエネルギー産業への影響に明確に焦点を当てたヒアリングを行うのはこれが初めてです。しかし、過去のヒアリングにおいても、暗号通貨スタートアップの規制やサプライチェーンのICOのユースケースにまで及ぶ分野がカバーされていました。

この記事の翻訳元
US Senate to Examine Energy Efficiency of Blockchain – CoinDesk

Pocket

関連記事