仮想通貨の基礎知識

今からでも間に合う仮想通貨の始め方、仮想通貨は3ステップで購入できる!

Pocket

仮想通貨取引の新規参入は今更遅いと思っているユーザーはいるかもしれませんが、今から間に合うどころか、むしろ今は新規に参加する時期だと筆者は考えています。

なぜなら、この時期の仮想通貨は値下がりしている傾向にあるのですが、値下がりしているときこそ買い時だからです。ということでここでは、仮想通貨の始め方について、詳しく解説していきます。

仮想通貨の購入は意外と簡単

仮想通貨はどうやって始めるのかについては後ほど詳しく解説しますが、まずは仮想通貨取引所に登録して、仮想通貨の口座を開設するところから始めます。

口座を開設して本人確認を済ませた後、日本円を入金して、自分が欲しい仮想通貨を購入し、購入した仮想通貨が値上がりしたら売却するという至極単純なやり方なんです。

ちなみに少し玄人的な話になりますが、自分が投資する仮想通貨を購入する前に、その仮想通貨に関する情報を収集する必要があるでしょう。なぜなら、その仮想通貨を利用したプロジェクトによって、仮想通貨の価格が左右されるからです。

仮想通貨の始め方

仮想通貨を始めるにあたって、仮想通貨取引所の登録から始めなければなりません。始め方を一から順に、わかりやすく簡単に説明していきます。なお、仮想通貨を始める前に、中古でもいいのでパソコンとスマートフォンを両方用意しておくと便利です。

仮想通貨取引所に登録する(口座を作る)

まずはこちらのサイトをご覧ください。

金融庁の仮想通貨交換業者登録一覧

金融庁が認定した仮想通貨取引所を運営する会社の一覧表です。取り扱う仮想通貨も掲載されています。仮想通貨に参加するときは、必ずこのリストを参考にしなければなりません。

なぜかというと、日本では仮想通貨法によって、日本で営業する取引所は金融庁の許可または認可を受けなければならないからです。

話を戻しますが、上記のリストの中から好きな仮想通貨取引所を選んでアカウントを作り、普通に登録します。次は本人確認を登録申請し、申請中の間に二段階認証を設定しなければなりません。

二段階認証を設定する理由は不正ログインを防ぐためで、この設定をしないと不正ログインされ、場合によっては自分の口座にある仮想通貨が無くなる可能性があるというわけです。

その後、しばらく経過すると、本人確認のはがきが簡易書留として自宅に郵送されます。そのはがきを受け取った時点で本人確認が完了し、仮想通貨取引を本格的に参加することが可能。

取引委所によりますが、本人確認しないと、取引所に入金することができない場合があります。

ウォレットを開設

ウォレットは例えるなら仮想通貨の財布です。常にインターネット世界に存在しており、ウォレットを操作するのに秘密鍵が必要になります。

しかし、一口にウォレットといっても、ハードウェアウォレットやモバイルウォレットなど様々な種類があります。どのウォレットを選べばいいか、悩んでしまうかもしれませんね。

取引所のウォレットの場合だと、アカウント作成と本人確認を完了するだけで、ウォレットを操作することができます。

金融庁の認可を受けている日本国内取引所は、マルチシグとコールドウォレット(オフラインウォレット)という仮想通貨のセキュリティ技術を採用しているので、セキュリティはかなり強固です。

入金してコインを購入

日本円の入金方法は取引所によって異なりますが、取引所の入金方法に従って、入金手続きをすれば問題ありません。入金の反映はしばらく時間がかかりますが、早い場合は1時間程度で入金が反映されます。

入金が確認された後、入金した日本円で仮想通貨を購入するのですが、購入方法はひとつだけではありません。指値注文や成行注文、GMOコインなどが採用しているスプレッド方式などが挙げられます。

スプレッド方式とは、FXで採用されているシステムです。例えばビットコインが850,000円としたとき、スプレッド方式であれば、ビットコインの買値は860,000円、売値は840,000円となり、取引手数料が実質的に1万円かかるようになるというわけです。

スプレッド方式の良いところは、流動性に関係なく売買できる点にあります。一方、デメリットとしては、スプレッドにかかる料金が安くないところです。

通常は指値注文や成行注文が仮想通貨取引の主役となっていますが、流動性がないと、自分が望む価格で売ることができなくなるかもしれないというデメリットも抱えているというわけです。

複数の取引所を利用してリスク分散しておこう

ユーザーの多くが国内取引所を複数利用し、リスクを分散しています。具体的に説明すると、複数の取引所に日本円を入金して仮想通貨を購入するという単純なもの。とはいえ、取引所にも特徴があります。

ビットコイン取引が中心ならビットフライヤー、アルトコイン取引が中心ならザイフ、リップルを取引したいならビットバンク、スプレッド方式で取引したい場合はGMOコイン、など。

リスク分散のために複数の取引所の口座を開設するのも一理ありますが、先ほど挙げた取引所などの特徴や機能を利用したいがために口座を開設しているということも多いでしょう。

おわりに

仮想通貨の始め方はとても簡単です。仮想通貨取引所のアカウントと口座を開設し、本人確認の手続きを行います。本人確認が終わった後に日本円を入金して仮想通貨を購入するだけで、購入した仮想通貨が上がれば売却するという単純なステップです。

取引所にもよりますが、仮想通貨は1,000円から誰でも始めることができるので、気軽に参加することができます。慣れてきたら、Binanceなど海外取引所を積極的に利用してもいいでしょう。

Pocket

関連記事