アルトコイン

仮想通貨Bytecoin(バイトコイン)の特徴と将来性、匿名性を重視したコインの草分け

Pocket

Bytecoin(バイトコイン)は2012年から誕生した古い仮想通貨のひとつです。匿名性の高さが特徴で、どこの口座に送金したのか、誰が受け取ったのかをわからなくするなど、プライバシー保護に特化しています。しかし、匿名性を重視している故に、マネーロンダリングに利用される恐れがあるともいえるのが難点です。

ここでは、Bytecoinの特徴や将来性、匿名性の仕組みなどについて、解説していきます。

Bytecoin(バイトコイン)とは?

まずは基本データから説明していきましょう。

通貨名:Bytecoin(バイトコイン)
通貨単位:BCN
発行日:2012年7月
発行上限:1844億7000万枚
公式サイト(日本語版):https://jp.bytecoin.org/
ツイッター:https://twitter.com/Bytecoin_BCN
ホワイトペーパー:https://jp.bytecoin.org/whitepaper.pdf
国内取引所:なし
海外取引所:Binance(バイナンス)やPoloniex(ポロニエックス)やCryptopia(クリプトピア)など
CoinMarketCapのチャート:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bytecoin-bcn/

Bytecoinが誕生したのは2012年7月と、数多くある仮想通貨の中でも古い部類に入る通貨となっています。

発行上限が1844億7000万枚と、なかなか希少性が低いというデメリットを抱えているものの、匿名性を持った仮想通貨という性質ゆえか、需要が高く、現在の価格に至っていると考えられています。

Bytecoinの特徴

Bytecoinの最大の特徴は、匿名性に特化しているところといえるでしょう。Bytecoinを利用した取引、つまり送金する側と受け取る側の情報をわからなくするというプライバシー保護に徹底した仮想通貨なのです。

一方、ビットコインの場合は、入金用アドレスだけで相手にビットコインを送ることができるのですが、その入金用アドレスを非公開にすることはできません。こちらのサイトで、入金用アドレスを検索できるのが理由だからです。

Bitcoinブロックエクスプローラ – ブロックチェーン

話を戻しましょう。Bytecoinであれば、誰にも知られることなく、取引を行うことが可能となっているのです。

もうひとつの特徴はマイニングが可能なことです。マイニングについての詳しい説明は省略しますが、公式サイトでも、いくつかのマイニングプールが紹介されているので、マイニングに参加したいユーザーはマイニングプールの利用をおすすめします。

Bytecoinの仕組み

Bytecoinがなぜ匿名性を持つことができるのか。その仕組みの秘訣はブロックチェーンに欠かせないとされる技術、リング署名にあります。

リング署名をわかりやすく説明してみましょう。リング署名とは、ひとつのグループに送金者のトランザクション(取引情報)が集まり、送金するときは、そのグループにいる送金者複数名で発行されたワンタイムアドレスを利用するといった方法を指します。

ここでのポイントは、そのワンタイムアドレスを使用すると、二度と使えなくなり、誰が送金したのかを知ることが不可能になるということです。

この技術を利用することで、仮想通貨へとBytecoinのように、匿名性という機能を持たせることが可能となります。

しかし、この技術でマネーロンダリングを行うことが可能になるのも事実。マネーロンダリングとは資金洗浄を意味し、犯罪で得た資金の追跡をできなくする犯罪方法です。

ですが一方で、ビットコインのハッキングより数百倍以上難しいと言われるほど、リング署名はハッキングに強いという一面もあるため、決して匿名性の仮想通貨は悪だ、とは言えないでしょう。

Bytecoinの将来性

Bytecoinのような匿名性を持った仮想通貨の将来性は正直、厳しいといっても過言ではありません。マネーロンダリングに警戒感を抱く日本社会および国際社会から厳しい目で見られる傾向にあるからです。

現に、みなし業者の国内取引所であるコインチェックが扱っていたモネロやジーキャッシュなど、Bytecoinと同じく匿名性を持った仮想通貨の取り扱いも停止されています。

公式サイトによれば、AML(アンチマネーロンダリング)を理由に取り扱いを停止したとのこと。

Bytecoinもこの問題を改善する必要がありますが、その場合、この仮想通貨の最大の特徴である「匿名性」も失われてしまう可能性があります。いかにして改善して問題を解決するかが、Bytecoinの将来性を左右しているといえるかもしれません。

おわりに

Bytecoinは匿名性を重視した仮想通貨でもあるのですが、その匿名性を利用してマネーロンダリングに利用される恐れもあります。

逆に考えれば、ハッキング耐性が強力なので、セキュリティの観点から考えると、匿名性の仮想通貨だからといって無視はできないでしょう。

Bytecoinは今後、どこに向かうのか。より一層注視する必要がありそうですね。

Pocket

関連記事