仮想通貨取引所

仮想通貨交換所Changellyの特徴と利用するメリット・デメリットを解説

Pocket

Changelly(チェンジリー)はチェコに拠点を置く仮想通貨交換所です。仮想通貨取引所と仮想通貨交換所は同じもののように聞こえますが、内容は全く異なります。場合によっては、こちらの交換所のほうが得になるかもしれません。ここでは、Changellyの特徴と、利用するメリットとデメリットについて、解説していきます。

Changellyの特徴

Changellyの最大の特徴は、アルトコイン同士を交換できるところです。

通常、日本の取引所であれば、日本円でビットコインやイーサリアムなどアルトコインを購入して、初めて仮想通貨を保有することができます。

一方、海外の取引所だと、多くがビットコインやイーサリアムやライトコインなどの、その取引所が扱う仮想通貨を購入しなければ、手に入れることができません。

しかし、仮想通貨交換所であるChangellyを利用すれば、アルトコイン同士を交換することができます。ビットコインでなければ仮想通貨を購入することができないという問題の解決を導いてくれるでしょう。

扱っている仮想通貨は80種類以上とされているだけでなく、取り扱う通貨の量が徐々に増えているので、自分が欲しい仮想通貨を見つけやすくなります。

もうひとつの特徴は日本語表記に対応していることにあります。とはいえ、全てのページが日本語表記されているとは限りません。

トップページや仮想通貨同士の交換など、よく使う部分は日本語表記されていますが、それ以外のページは日本語表記されていない部分が多いです。日本語表記でないところは、Googleプラウザの翻訳機能を利用して日本語化すると良いでしょう。

Changellyを利用するメリット

Changellyを利用するメリットで挙げられるのは、手数料の抑制と時間の短縮の二つです。

通常、海外の取引所が扱う仮想通貨を購入するときは、ビットコインなど基軸通貨を送金するところから始めなければなりません。したがって、海外の取引所から仮想通貨を購入する際には、送金や取引などにかかる手数料を二回以上支払うことになります。加えて、購入までにかなりの時間を要することもあります。

しかし、Changellyを利用することで、これまでかかっていた手数料と時間を節約することができます。また、本人確認不要の状態で登録できるのもメリットです。この交換所は日本だけでなく、全世界の仮想通貨ユーザーが利用しやすいサービスであるといえるかもしれません。

Changellyのデメリット(リスク)

Changellyにデメリットやリスクがほとんどないと言っても過言ではないほどサービスが充実しているのですが、強いて挙げるなら、取引手数料が0.5%かかるというところでしょう。

日本の取引所の場合は、取引手数料が平均的に0.1%ぐらい、海外の取引所だと取引手数料は0.2%程度が相場となっています。Changellyの場合だと、先ほど説明した通り取引手数料0.5%と、他の取引所と比べたら割高といえるかもしれません。

割高だから利用しづらいと考えるのは普通でしょう。しかし、Changellyでの取引は、長い目で見たら安いと考えてもよさそうです。

なぜなら、従来のやり方で海外の取引所が取り扱う仮想通貨を購入するとき、国内外の取引所の手数料を合わせると、その0.5%を上回ることがあるからです。単純計算すると、必要以上に手数料を支払っていることになっているとも考えられるでしょう。

Changellyという交換所のシステムを利用することにより、その時間と手数料の節約が見込めます。総合的に考えるとコストパフォーマンスに優れたサービスであるといえます。

Changellyは日本語対応しているので使いやすい

多くの海外取引所は日本語表記に対応していません。Googleプラウザの翻訳機能で日本語化することで補うことは可能ですが、日本語化すると意味不明な言葉になったり、文字がアベコベになったりもします。

一方Changellyは、前述の通り日本語表記に対応しています。英語などの外国語が苦手なユーザーにとっては非常に助かる仕様といえるでしょう。

もちろんChangellyが日本語表記に対応しているとはいっても、全てが対応しているわけではありません。ですが、トップページなど主要な部分は日本語になっているので、利用する分には問題ないでしょう。

おわりに

Changellyは仮想通貨取引所ではなく仮想通貨交換所としてのサービスを利用するユーザーに提供していますが、仮想通貨をやり取りすること自体は、どの取引所や販売所も同じです。

しかし、交換所という取引所と販売所にはない利便性を持っているので、手数料を抑えたいとか、時間を短縮したいというユーザーには、Changellyはおすすめかもしれません。

Pocket

関連記事