ウォレット

ハードウェア型ウォレットTREZOR(トレザー) の特徴&メリット・デメリット、安全にビットコインを保管

Pocket

ハードウェアウォレットは仮想通貨を収納する端末機器で、オフライン状態で管理できるという強いメリットを持ち合わせております。その中のひとつのTREZOR(トレザー)は、モナコインとNEMに対応しているので心強いと言えるでしょう。

ここでは、TREZORの特徴やメリットとデメリットなどについて、解説していきます。

TREZOR(トレザー) とは?

TREZOR とは、TREZOR社が開発したハードウェアウォレットです。そのTREZORの扱いを認められた正規販売店というのが存在し、その正規販売店は日本国内にあります。

TREZOR社の公式サイト:https://trezor.io/
TREZORの日本正規販売店:http://hardwallet.store/

日本正規販売店の公式サイトを確認しますと、TREZORの価格は1個15,800円(税込み)と、決して安くはない金額であることが分かりますね。

一方、Amazonやヤフオクなどのインターネットオークションだと安く買えるので、お得感を感じますが、安いのにはれっきとした訳があるのです。

その訳は後で詳しく説明しますが、TREZORに限らず、ハードウェアウォレットは必ず公式サイトで購入するようにしましょう。

TREZORの特徴

ハードウェアウォレットの全体的な特徴としては、オフラインで自分の仮想通貨を管理できることにあるといえるでしょう。

そもそもハードウェアウォレットとは、仮想通貨を入れる端末機器ということではなく、ハードウェアウォレット自体が秘密鍵そのものとして存在している、ということをご存知でしょうか。

なぜかと言うと、自分のウォレットはインターネット上に存在しているからです。そしてハードウェアウォレットは、自分のウォレットにアクセスして操作する、いわば金庫的な役割を持つ鍵となるのです。

現在、対応している仮想通貨は、ビットコイン、ライトコイン、ダッシュ、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、イーサリアムなどが挙げられます。また、ERC20トークンにも対応しています。

TREZORのメリット

メリットのひとつに、NEMに対応しているというところが挙げられます。

数多くあるハードウェアウォレットのほとんどがNEMに対応しておらず、保管先に悩んでいたユーザーも中にはいるでしょう。しかし、TREZORであれば、NEMを保管することができるという訳です。

2018年1月下旬に起きたコインチェックによる約580億円相当のNEM流出事件が起きただけあって、NEMユーザーはオフラインでNEMが管理できるウォレットに注目していることでしょう。

ちなみに、NEM流出事件が起きた原因は、コインチェックがコールドウォレットとマルチシグを導入していないことにありました。

顧客のウォレットが常にインターネット上で晒されている状態で、そのことに気づいたハッカー達はコインチェックにハッキングを仕掛け、現在に至ったということです。

話を戻しましょう。TREZORのもうひとつのメリットは、PINコード設定と、TREZORを紛失したときのために利用されるリカバリーフレーズという機能にあります。PINコードは簡単に説明するとパスワードですが、自分自身で設定することが可能なのです。

一方、TREZORを紛失または破損した際でも、TREZORウォレット内にある仮想通貨が二度と戻ってこない、なんてことはありません。新たなTREZORを購入してリカバリーフレーズを利用することで、仮想通貨の大切な資産を再び管理することができるのです。

PINコードとリカバリーフレーズは初期に設定することが可能ですので、TREZORを購入した際は必ず設定を行うようにしましょうね。

TREZORのデメリット

最大のデメリットはリップルに対応していないところです。リップルに対応しているハードウェアウォレットにはLedger Nano Sというものがあるのですが、今回その説明は割愛させて頂きます。気になる方はぜひ一度調べてみて下さい。

NEMユーザーにとってTREZORは欠かせない存在と言えるのですが、リップルユーザー(通称:リップラー)にとっては必要のない存在となるのかもしれません。

TREZORは初心者でも使いやすいハードウェア型ウォレット

TREZORの扱いは初心者にも簡単ではあるのですが、そもそもパソコン自体の初心者にはTREZORはおすすめできません。なぜなら、パソコンの素人がTREZORウォレットの送金機能を誤って操作すると、大事な資産を失う可能性があるからです。

しかし、その点を除けば、TREZORは仮想通貨初心者におすすめのものと言えるでしょう。公式サイトの正規販売店で、TREZORの初期設定方法と操作方法が掲載されているのが、その理由でもあります。

おわりに

TREZORを購入する際は、公式サイトや正規販売店などから購入するようにと説明していますが、Amazonやインターネットで売られているTREZORを購入して使用すること自体が危険です。

なぜなら、そのTREZORにはすでにリカバリーフレーズが設定されており、そのリカバリーフレーズを使用することで、TREZORに保管されていた仮想通貨を全て盗み出すことができるからです。

リカバリーフレーズを利用した犯罪行為であって、ハッキング行為ではありませんが、仮想通貨を盗み出すこと自体に変わりありません。だからこそ、こういった被害に遭わないために、TREZORは公式サイトや正規販売店から購入するようにしましょう。

Pocket

関連記事