アルトコイン

仮想通貨のXP(Experience Points )の特徴と将来性、経験値をコンセプトにしたユニークなコイン

Pocket

XPは主にゲームに使用される仮想通貨で、そのゲーム内で経験値を獲得してレベルアップするとXPが得られ、そのXPを利用してゲーム内で買い物したり、取引したりすることが可能というような、非常にユニークな仮想通貨となっています。

この記事では、XPが持つ特徴と将来性や、その使い道などについて解説していきます。

XP(Experience Points )とは?

それではまず、基本データからご説明していきましょう。

通貨名:Experience Points(エクスペリエンスポイント)
通貨単位:XP
発行日:2016年6月
発行上限:約2700億枚
公式サイト:https://www.xpcoin.io/
ツイッター:https://twitter.com/TheBigXP
ホワイトペーパー:https://media.xpcoin.io/docs/XP-WhitePaper-v3.pdf
国内取引所:なし
海外取引所:CoinExchangeやCryptopiaなど
CoinMarketCapのチャート:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/experience-points/

XPは現在、日本の取引所では扱っておらず、XPを購入するときは、国内取引所でビットコインなどを購入して、CoinExchangeやCryptopiaなどに送金する必要があります。

とはいえ、ライトコインでも購入できるので、そのライトコインを海外取引所に送金して、そのライトコインで直接購入する方法や、ドージコインを購入して、そのドージコインでXPを購入するなど、購入方法だけでもさまざまな方法が存在しています。

冒頭でも説明しましたが、XPはXPを扱っているゲームをプレイして、レベルアップしたり、何らかのクエストを完遂したりするなどして得ることができます。

早い話、ゲームをプレイすればするほど、XPを稼げる、日本円など法定通貨を稼げます。すなわち、場合によってはゲームだけで生活が出来るかもしれません。

XPの特徴

XPの特徴のひとつに、その活発なコミュニティがあります。コミュニティ自体の存在はXPに限った話ではなく、他の仮想通貨の多くにも言えることです。

しかし、XPのコミュニティの場合、他の仮想通貨のそれより非常に盛り上がっています。その中でも今、ひときわ盛り上がっている話題は、「Binance(バイナンス)にXPが上場されるか否か」です。

Binanceは世界最大の取引高を誇る最大級の取引所で、日本の取引所では扱っていない仮想通貨を多く扱っています。

扱っている仮想通貨の数はCoinExchangeやCryptopiaには遠く及ばないものの、Binanceが扱う仮想通貨にはすべて流動性があるので、自分が望む価格で売買することが可能なのです。

XPコミュニティはBinanceの上場に対して期待の声が高まっていると考えていますが、上場が決まったのか、そうではないのかについての情報は現時点でないので、時間の経過と共に待つ必要があるでしょう。

XPの仕組み

XPの仕組みのひとつに、Proof of Stake(PoS/プルーフオブステイク)というアルゴリズムが採用されていることがあります。

このアルゴリズムは、簡単に説明すると、XPを保有しているだけで、XPが自動的に増えていくという仕組み。ただし、XPを1000万枚以上持っていることが条件となっています。

現在、XPだけでなく仮想通貨が全体的な下落傾向にあるので、安いうちに大量購入するという方法は最適と言っても過言ではないでしょう。

自動的にXPを増やすには、そのXPを公式サイトからダウンロードしたウォレットに入れるだけ。あとは自動的にXPが増えるのを待ちます。

XPの将来性

XPに関連するゲームはすでに登場しています。そのゲームを行うには、以下のような手順を踏む必要があります。

Steamのサイト:https://store.steampowered.com/
まず初めにこちらのサイト、Steamにアクセスして、Steamのアカウントを作成します。アカウント作成はサイトの一番下にスクロールすれば、アカウントを作成することが可能です。

XPゲームポータブル:https://ladder.xpcoin.io/
次に、XPゲームポータブルのアカウントを作成します。最後にアカウントを作成した後にプロフィール設定を行い、Steamで作成したアカウントと、XPのウォレットアドレスを登録すれば、設定は終了。Steamが扱う対象のゲームをプレイすることで、XPがもらえるようになります。

肝心のXPの将来性ですが、仮想通貨取引というよりもどちらかと言えばeスポーツに近い傾向にあるため、また他の仮想通貨と違った議論を行う必要があるといえるでしょう。

なぜなら、XPの特徴はゲームでXPを稼ぐところにあり、本当にゲームだけで生活が出来るようになるかもしれない、といっても過言ではないからです。

Steamが扱うゲームについては、無料のものもあれば有料のものもあるのですが、有料の場合でも、お金を出して購入する価値があると言っても過言ではないくらいにさまざまなゲームが揃っていますので、仮想通貨に関係ないユーザーでも楽しめるかもしれません。

おわりに

XPはeスポーツに近い傾向にあると説明をしましたが、そもそもeスポーツとは、簡単に言えばゲームソフトまたはオンラインゲームを用いたスポーツです。高額な賞金が出るほど、全世界で盛んに行われており、日本でもeスポーツの団体が存在しているほど。

XPを用いたゲームの場合、個人でもプレイできて、さらにXPを効率よく稼ぐことが可能です。ヘビーユーザーであれば、本当に生活が出来るくらいのXPを稼げることが出来るかもしれませんね。

XP自体もまだまだ発展途上ですが、これから需要が高まって伸びていく仮想通貨だと言えるのではないでしょうか。

Pocket

関連記事