未分類

Gnosis創立者「イーサリアムの普及に必要なのはユーザーではなくdAppsのネットワーク効果である」

Pocket

分散型市場であるGnosisの創立者のマーティン・ケッペルマンは、イーサリアムの普及はブロックチェーンネットワークのユーザー数ではなく分散型アプリケーション(dApps)のネットワーク効果で測られるべきであると述べました。

dAppsの相互接続したエコシステム

イーサリアムのブロックチェーンネットワークは、分散型のコンピュータープラットフォームとして、dAppsとそのユーザーがデータをP2Pの分散方式でプロセスすることを可能にします。イーサリアムのユーザーは、dAppsを利用して操作を行ったり取引を開始したりする上で、ネットワーク上の仲介役を信用する必要はありません。

Augurと競合する主要な分散型市場の創立者であるケッペルマンは、イーサリアムの一般への普及はdAppsのネットワーク効果、およびdAppsがイーサリアムにおける他のアプリケーションのスマートコントラクトを利用して情報を処理する能力で測られるべきだと述べています。

「イーサリアムが成功したかを測定する一番の基準は、展開されているdAppsの数やそのdAppsのトランザクション数ではありません。他のdAppsからのスマートコントラクトを利用するdAppsがどれだけ作られているかです。」

とケッペルマンは説明しました。

例として、分散型取引プロトコルの0xは、ブロックチェーン上で開始された分散型取引とその中継をサポートする基層です。イーサリアムをベースとした0xのプロトコルは、Radar Relay、Paradex、Melonport、Maker、imToken、Aragon、Augurといった幅広いデジタル資産取引プラットフォームにおいて利用されています。それらはすべて0xのプロトコルを利用してユーザーが分散型方式で資産を取引できるようにしています。

Coinbaseの共同創立者であり元ゴールドマンサックスのトレーダーでもあったフレッド・エサンは、dAppsがスマートコントラクトを共有しイーサリアムにおける他のプラットフォームの機能を利用することを可能にするプロトコルは、広いネットワークを通じたdAppsの互換性からユーザーが便益を得られるようなエコシステムの創造を可能にすると言います。

例えば、0xのプロトコルは分散型取引をその基層で実行することを可能にするため、取引所では、共有環境においてユーザーが多様な分散型取引にわたるデジタル資産をやり取りできるような流動性のプールを共有することができます。

「Gnosisの背景には具体例はあまりないが、DutchXは、0xトークンレジストリでありそれ自体Daostack DAOによってコントロールされているMakerDAOの価格オラクルを利用している。MelonportはOasisdexを使っている……これからどんどん増えていく」

とケッペルマンは述べています。

もし0xのような基層やOasisDEX・MakerDAOのようなdAppsが、他のカテゴリのdAppsにとって有益でありネットワーク効果を高める特別な機能を提供するならば、dAppsの分散型ネットワークはイーサリアムにおけるたくさんのアプリケーションとプラットフォームがお互いからユニークでイノベーティブなソリューションの恩恵を受けることを可能にします。本質的には、ネットワーク効果とdAppsの相互関連性の増大が、イーサリアムの長期的な成長と主流への普及の主な因子となる、とケッペルマンは主張しています。

ユーザーは?

dAppsのユーザー数も重要な測定基準ではありますが、dAppsのネットワーク効果、イーサリアムの拡張性、dAppsのユーザーインターフェースが指数関数的成長と改善を続けていくにつれ自然と増加する数字でもあります。

もしGnosisやAugurのようなプラットフォーム上でベットを作り出すためにdAppsを利用することや、Storjのような分散型クラウドネットワークの演算能力を利用することが中央集権型のものを利用するぐらい簡単になれば、イーサリアムのユーザー数は必ず増加するでしょう。

Pocket

関連記事