未分類

Overstockのブロックチェーン関連の子会社が1億3400万ドルを獲得―さらに数百万ドルを契約

Pocket

木曜、Overstock.comの子会社であるtZeroがセキュリティトークンの売り出しにより1億3400万ドルを獲得した、と同社は発表しました。

 

公開されたOverstockの第二四半期の業績の一部は、香港に拠点を置く投資会社であるGSR Capitalが4億ドルをtZeroとOverstockに投資することに合意したという別の発表と対をなすものでした。tZeroは今週の頭に、元々2億5000万ドルを集めることを目標としていたトークンの販売を完了したと言いました。

 

業績発表の中でCEOのパトリック・バーンは、tZeroが初めてトークンの売り出しを開始したときに公約した1億ドルを獲得したという主張を繰り返し、次のように述べました。「私たちは出来る限りのことをしました。…最終的にはアジアに行きました。アジアでは全く違いました。初めに会った三人は…全員が『6000万ドルは得られるだろうが、アジアからお金を持ち出すのは様々な理由からとても難しいことだと証明されている』と言いました。」

 

「物事のスピードが鈍ったのはそのせいです」と、彼は会社のトークン販売の多角的な拡張について言及しながら述べました。

 

具体的には、GSRがtZeroの株式2億7000万ドル(評価額15億ドル)を取得し、Overstockの株式約1億400万ドルを取得する契約があります。また、発表によると、GSRはOverstockから3000万ドルの価値があるtZeroセキュリティトークンを購入することにも同意しました。

 

Overstockは2018年6月に、GSRが同社の株式を購入する意思があると初めて発表しました。その時、OverstockはGSRはtZeroセキュリティトークンを1億6000万ドル分購入するであろうと述べていました。

 

同社は、その販売の終了時に「総じて1億3400万ドルを上げた」と言い、「この合計にはtZeroとOverstock間の企業内債務の返済3000万ドルが含まれている」と付け加えました。

 

木曜のプレスリリースによると、「買戻し契約」の一環として、OverstockがtZeroから購入したセキュリティトークンと同じものをGSRがOverstockから購入したそうです。

 

CEOのパトリック・バーンは、この資金調達、特にGSRからの出資は、tZeroの取り組みの手助けとなると述べました。

 

「GSRが計画された投資を完了したとき、私たちは5億ドル以上を手にすることになります」とバーンは木曜の声明の中で述べました。「これによって、国際資本市場に影響を与えるよう会社を強化するための余りある資本が供給されるでしょう。」

Pocket

関連記事