未分類

シンガポール航空が旅行者向けブロックチェーン基盤のデジタルウォレット『KrisPay』を発表

Pocket

世界を牽引する航空事業者であるシンガポール航空が、ブロックチェーン基盤のデジタルウォレット『KrisPay』を発表しました。KrisPayでは、頻繁に飛行機を利用する人のマイルをデジタル通貨に変換することができます。

火曜日の発表によると、シンガポール航空のフリークエントフライヤープログラムであるKrisflyerの利用者がデジタルウォレットアプリにアクセスでき、ブロックチェーン技術を利用して旅行者が自分のマイルを国内の小売店、ホテル、ガソリンスタンドやその他提携企業で使うことを可能になります。

2月に報じられていたように、シンガポール航空は、技術提携のあるマイクロソフトと独自に開発していたブロックチェーンを活用します。シンガポール航空は、そのアプリケーションのPOCをシンガポール国内のKPMGデジタルビレッジで達成しました。

アプリはアップル・アンドロイド両プラットフォームで利用可能であり、シンガポール航空はKrisPayについて「世界初のブロックチェーン基盤のエアラインロイヤリティデジタルウォレットである」と主張してきました。

シンガポール航空CEOのゴー・チュン・ポンはこう述べました。
「マイルの使い道を日常生活の中にまで浸透させるようなデジタルウォレットを作ることで、KrisFlyerの会員は日々の経済活動に即座にマイルを利用できるようになり、更なる使い道が増える。」

このブロックチェーン基盤のデジタルウォレットを利用して会員は「最低15KrisPayマイル(約0.10シンガポールドル)から提携企業での支払いの一部または全部に利用することができる。」との発表が付け加えられました。

シンガポール航空は、KrisPayマイルでの支払いを受け入れ予定の小売店、レストラン、ガソリンスタンドを含む18の企業と提携しています。

国際的な航空会社における試みとしては、ブリスベン国際空港ではビットコイン等の暗号通貨をターミナル内の小売店で使用することを認めていることが挙げられます。また、ドイツの航空会社最大手のルフトハンザは既にスイスのブロックチェーンスタートアップ企業であるWingding Treeに投資し提携しており、分散化された公共のイーサリアムブロックチェーンを旅行アプリの構成に利用しています。ニュージーランド航空はそれに倣い、公共のイーサリアムブロックチェーン基盤のB2Bマーケットプレースの開発に向け、Winding Treeと提携しています。

Pocket

関連記事