仮想通貨取引所

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と利用するメリット・デメリットを解説

Pocket

QUOINEXは金融庁の認可を受けた日本の仮想通貨取引所であります。QASHトークンを発行する取引所だけでなく、各種取引手数料が無料になっているので、特にデイトレードを主体とする仮想通貨ユーザーにはおすすめでしょう。ここでは、QUOINEXの特徴や利用するメリットとデメリットについて、解説していきます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴

QUOINEXの特徴は、取引方法がスプレッド方式にあります。スプレッド方式はFXにも導入されている機能で、簡単に説明すると、売値と買値の差です。例えばビットコインの相場が70万円とすると、買値が71万円で売値が69万円となっています。この1万円の差が、QUOINEXに入る手数料と言うところでしょう。

指値注文が手数料を安く抑えられるのではと考えるユーザーもいますが、指値注文の弱点は、流動性によって売買できなくなる可能性があることです。しかし、スプレッド方式であれば、流動性に関係なく、売買を行うことができます。

もうひとつの特徴は取引手数料が無料であるというところです。手数料を無料にして取引所を運営できるのかと疑問を抱くユーザーは多いと思われますが、先ほど説明したスプレッド方式の価格差が、QUOINEXに入る手数料であると考えています。

そして、セキュリティの高さも特徴のひとつです。QUOINEXのセキュリティは基本的に、二段階認証、マルチシグネチャ、コールドウォレットを採用しています。出金に関しても、4段階のプロセスがあるので、自分が意図をしない出金を防ぐことが可能です。

その他に、様々な法定通貨に対応しているとか、クイック入金が24時間365日間に対応しているとかなど、様々な特徴があります。

QUOINEXを利用するメリット


メリットは、24時間365日クイック入金ができるのと、セキュリティが強いなどが挙げられます。日にちや時間に問わず、クイック入金ができるだけでも大きいので、取り扱っている仮想通貨の変動に対応が可能です。

マルチシグネチャとコールドウォレットを導入しているので、セキュリティが強固な一面を持ちます。ハッキングを受けたことがないとされていますが、ハッキングを受けて顧客の資産を失ったという話も一切ないので、安全性は高いです。金融庁から厳正な審査を受けて、合格して認可を受けているだけでも、信頼性は厚いということでしょう。

レバレッジ取引も最高25倍でできるので、大きな取引がしたいユーザーに、QUOINEXはおすすめです。

QUOINEXのデメリット(リスク)

デメリットは、取扱銘柄の少なさと言ったところでしょう。現在、QUOINEXが扱っているのは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、キャッシュ(QASH)の五つのみです。QASHを除く取扱通貨は他の国内取引所でも扱っているので、優先して利用したいとまでは思えないと、多くのユーザーは考えているでしょう。

もうひとつのデメリットは個人情報の入力についてです。QUOINEXは住所や氏名や電話番号などの入力だけでなく、現在の職業や年収や投資経験などを入力する必要があります。ビットフライヤーやザイフなど金融庁認可の取引所で個人情報を入力するとき、同じように住所や氏名や電話番号などの入力は求められますが、職業や年収や投資経験などの入力はありません。

その他に、口座開設完了まで一ヶ月かかるとか、出金や入金の反映が遅いとか、追証があるなど、多くのデメリットを抱え込んでいるというわけです。

QASHを取引するならQUOINEX

デメリットの説明にも触れましたが、QASH について解説いたします。QASHはQUOINEXが発行するトークンで、そのQUOINEXが運営して構築しているQUOINE LIQUIDプラットフォームの使用を目的に発行されたトークンです。

QASHの公式サイト:LIQUID | Financial Services on the Blockchain

QUOINEXは過去にQASHの ICOを企画して成功を収めたという実績を持っていますが、金融庁認可の取引所が企画するICOだから、多くのユーザー達が安心して参加できたのが成功の根拠だと言えるでしょう。

QASHについて詳しく知りたいユーザーは、下記の解説記事にアクセスして参考にしてみてください。

キャッシュ【QASH(QASH)】の特徴と将来性

おわりに

QUOINEXは多くのメリットとデメリットを抱える取引所ですが、逆に考えれば、わかりやすい取引所でもあります。わかりやすい取引所であるが故に、初心者から上級者など、幅広い層に向けられた取引所だと言えるでしょう。

仮想通貨を行う際はなるべく現物取引を利用するようにしてください。信用取引の場合だとリスクが大きく、追証によって追加分の金額を支払わなければならないからです。現物取引であれば、追証や借金はあり得ないので、特に初心者は現物取引を積極的に利用するようにしましょう。

Pocket

関連記事