仮想通貨の基礎知識

仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)の特徴と利用するメリット・デメリットを解説

Pocket

Bitfinexは香港に拠点を置く、世界最大の海外取引所でもあります。取引高が世界一とされているBinance(バイナンス)やOKEx(オーケーイーエックス)に勝るとも劣らない取引高を誇っており、仮想通貨ユーザーの間でも注目されている取引所です。ここでは、Bitfinexの特徴は利用するメリットとデメリットについて、解説していきます。

Bitfinex(ビットフィネックス)の特徴

Bitfinexの公式サイト:Bitfinex – Bitcoin, Litecoin and Ethereum Exchange and Margin Trading Platform

Bitfinexの特徴は主に、セキュリティが日本国内取引所に負けないくらいに強固である、マージン取引という仮想通貨を貸し出して利息を儲けることができる、取引手数料が日本国内取引所の手数料と同じ、この三つです。

Bitfinexは2015年と2016年にハッキング事件を受け、さらに2018年6月5日にサイバー攻撃を受けています。Bitfinexはこれらの事件を教訓に、セキュリティを今まで以上に強化しているとのことです。例えば、ログイン時のメール通知とか、出金先を変更すると5日間出金できないようにロックがかかる、などが挙げられます。Bitfinexはマルチシグネチャやコールドウォレット(オフラインウォレット)などを導入しているので、セキュリティ対策への本気度が伝わってくるというわけです。

マージン取引とは、簡単に説明すると、自分の仮想通貨を他人ユーザーに貸して、貸した自分は利息という収益を得るという仕組みであります。単純に仮想通貨を他人ユーザーに貸して、得られる利息は15%、Hidden orderというOrder Book(気配値)に表示されない指値注文する仕組みを利用して他人ユーザーに貸した場合、得られる利息は18%です。

取引手数料は0.1%と、日本国内取引所の取引手数料と同じとなっています。Bitfinexで頻繁に仮想通貨を取引するユーザーにとっては、経済的な負担が少なくて済むというわけです。

Bitfinexを利用するメリット

メリットは約40種類のビットコインとアルトコインを扱っていることにあります。他の海外取引所と比較しても少ないのですが、扱っている全ての通貨そのものが、大小に関係なく流動性があるということです。逆に考えれば、取扱銘柄の数が少ないので選びやすいという一面を持っています。

もうひとつは、過去に三度のサイバー攻撃を受けたにも関わらず、すべて立ち直って復活しているという点です。多くの取引所はハッキングまたはサイバー攻撃を受けて、立ち直ることさえ難しいのに、Bitfinexは立ち直ることができているだけでなく、被害を受けた後にセキュリティをさらに強固にしています。

サイト自体も派手な印象を持たず、シンプルで使いやすいのもメリットのひとつです。

Bitfinexのデメリット(リスク)

デメリットは今後もハッキング攻撃を受ける可能性が大きいというところです。しかし、過去のハッキング事件を乗り越えたところを考えると、対処方法は万全なので、リスクは低く抑えられています。

もうひとつのデメリットは、香港が拠点というところです。香港は中国の一部ですが、一国二制度によって、特別行政区が設置されています。中国の干渉をほとんど受けないほど、大きな自治権を持っているので、たとえ中国が仮想通貨取引を全面禁止にしたとしても、香港では仮想通貨取引が合法です。

しかし、香港が特別行政区とはいえ、中国の一部に変わりはありませんので、今後どうなるか注目でしょう。

そして、1万ドル相当の仮想通貨をBitfinexの口座に入金しないと取引に参加できないというデメリットがあります。仮想通貨初心者にとってはハードルがかなり高く、そこまでの資金がない場合は、BinanceやOKExで代用してもいいでしょう。

Bitfinexへのサイバー攻撃

2018年6月5日にサイバー攻撃を受けたと説明しましたが、どのようなサイバー攻撃かというと、「DDoS(Distributed Denial of Service attack)攻撃」と呼ばれるものです。DDoS攻撃は複数のサーバーに攻撃を仕掛けるサイバー攻撃で、ターゲットのサーバーに対して、大量の処理要求を送って負荷をかけ、その負荷に耐えられなくなったサーバーが機能を停止します。

しかし、DDoS攻撃はサーバーに負荷をかけるのが目的である一方、それだけでは仮想通貨を盗み出すことはできません。今回のサイバー攻撃で、Bitfinexを利用するユーザーの被害がなくて幸いですが、なぜハッキングではなくDDoS攻撃なのかは現在でも不明とされています。

セキュリティ強化のために2段階認証を設定しておこう

国内外すべての取引所にもいえることですが、Bitfinexに新規登録して口座を開設した後、必ず2段階認証を設定しなければなりません。なぜかというと、ログインIDとパスワードだけで、簡単にログインできるからです。2段階認証を設定していないユーザーは、自分のウォレットから仮想通貨を盗み出してくださいといっているようなものであることを覚えておきましょう。

おわりに

BitfinexはBinanceとOKExに次ぐ最大の海外取引所なのですが、1万ドル相当の仮想通貨でないと取引に参加できないというのが残念といっても過言ではないでしょう。しかし、相応のメリットを得られるのは確かです。ある程度の余剰資金が貯まったら、参加しても良いといえるでしょう。

Pocket

関連記事