仮想通貨取引所

仮想通貨取引所Yobit(ヨービット)の特徴と利用するメリット・デメリットを解説

Pocket

Yobitは1,200種類以上の草コインを取り扱う海外取引所です。同じく多くの草コインを扱うCryptopiaやCoinExchangeにはない草コインを、Yobitでは扱っていることもあります。草コインには詐欺コインが多く含まれていることもあります。取引には注意が必要ですが、将来性のある草コインも含まれている可能性もあるため、多くのユーザーから注目されています。ここでは、Yobitの特徴や、利用するメリットとデメリットについて解説していきます。

Yobit(ヨービット)の特徴

2017年にハッキング攻撃を受けて経営破綻した韓国の取引所Youbit(ユービット)があるのですが、Yobitとは全く関係ありません。その根拠は、Yobit自体の運営元が不明であることです。一説ではロシアに拠点を置いているとされていますが、こちらはあくまでも根拠のない噂程度です。しかし、運営実績や多くの顧客が利用しているのは事実なので、安心して利用してもいいと言えるでしょう。

Yobitの特徴は、草コインの取扱通貨の種類が多いことです。草コインを多く扱っているということは、投資対象が広がることにつながります。ただし、冒頭でも説明したように、詐欺コインや将来性がない草コインも含まれているので、対象の草コインを購入するときは、徹底的に情報収集してから購入を決めましょう。

もうひとつの特徴はダイスゲームです。仮想通貨を掛けるゲームなのですが、勝てば掛け金の2倍を得ることができて、負けたら失ってしまうというルールになっています。早い話、ハイアンドローのようなギャンブルゲームだということです。余裕があるなら、チャレンジしみてもいいかもしれません。

Yobitを利用するメリット


メリットはInvestBoxにあります。レンディングと呼ばれる投資機能のひとつで、指定された仮想通貨を一定期間以上預けることで、仮想通貨の配当が得られるという仕組みです。もうひとつのメリットは、本人確認不要ということです。新規登録の手続きを済ませたら、仮想通貨をYobitに送金し、送金した仮想通貨で売買を行うことができます。

以前、フリーコインという機能がYobitにありました。少額ながら仮想通貨を無料でもらえるというものですが、現在は機能が停止しています。復活の目途については不明です。無料だから何かあるのではと疑問視するユーザーもいると思いますが、何もないので安心してください。

Yobitのデメリット(リスク)

Yobitは、メリットよりもデメリットやリスクが多いと筆者は考えます。まずはサイトの使いにくさです。Yobitのサイトは他の取引所より重たく、不便さを感じます。トップページに表示されている仮想通貨は並び替えが不可能ですが、「MARKET」というページで仮想通貨を並び替えることは可能です。並び替えによって、どれくらい取引されているか、流動性があるのかを探しやすくなります。

もうひとつはダイスゲームについてです。ダイスゲームは特徴でも説明しましたが、はまればはまるほど抜け出せなくなっていきます。勝ち続ければ幸いと言えるかもしれませんが、負けが続くと、負けた分を取り戻そうと借金してまでダイスゲームにはまってしまうというものです。ダイスゲームをやっていて危ないと感じたら、冷静になって退くようにしましょう。

また、リスク回避のために、最後に必ずログアウトすることを徹底しましょう。ウェブブラウザを閉じてもログイン状態が継続されたままなので、大変危険です。あとは二段階認証を設定すれば、セキュリティ面での不安は少なくなります。

Yobitは草コインが豊富

Yobitの取扱通貨はビットコインやアルトコインを含めると、2018年7月3日時点で1,200種類以上とされています。多くの草コインを取り扱うCoinExchange(コインエクスチェンジ)やCryptopia(クリプトピア)という海外取引所よりも種類が豊富ということになります。

Yobitが扱う多くの草コインの中に、有望かつ宝になる草コインが眠っているのは確かですが、その草コインを探し出すにはとても大きな労力が必要です。

おわりに

Yobitは多くの草コインを扱っていることが最大の特徴ですが、優先してまで利用したいと考えるほどではないでしょう。2017年末にCoinExchangeやCryptopiaなどの取引所で、新規登録者が過剰に増えたことによりサーバーダウンを起こし、一時的に利用できなくなりました。そのため、多くのユーザーは代用としてYobitを利用したとされています。

しかし、Yobitは無視できない海外取引所であるのは確かです。万が一に備えて、投資している仮想通貨の送金先のひとつとして新規登録してもよいでしょう。

Pocket

関連記事