仮想通貨解説

米国商品先物取引委員:暗号通貨は「現代の奇跡」、無くなる事はない

Pocket

Cryptocurrency a ‘Modern Miracle,” Not Going Away: CFTC Commissioner

アメリカの市場規制委員が「暗号通貨は技術革命です。いつかすべての国の経済活動の一部となるかもしれません。」と見解を述べました。 

6月4日、国連のBFIサミットの前に、米国商品先物取引委員ロスティン・ベナム(Rostin Behnam)氏はブロックチェーンと他の関連技術をより透明化し、市場から不正や価格操作を取り除くために、米国商品先物取引委員は率先して監査・規制を行なってきたと言いました。しかし、彼はこの技術を犯罪者のための道具として批判することから離れて、ブロックチェーンは金融セクターを良い方向に変える能力があると話しました。

「仮想通貨は、おそらく、いいえ、確実に、あらゆる国、あらゆる場所で経済活動の一部となることでしょう。これらの通貨は、無くなる事はありません。 地球上の全ての経済と全ての地域に拡大していくでしょう。私たちは技術革命の最中にいるのです。 もしかすると現代の奇跡を目の当たりにしているのかもしれません。」と述べました。
特に、民主党トランプ政権任命者として2017から委員務めているベナムはほとんどの国に関しては、中央銀行発行デジタル通貨は分散性と個人発行されたクリプトカレンシ-に置き換えられると強調しました。

一部の小規模な経済圏は、生存のために仮想資産に依存するようになり、他にも政府や銀行、投資家や国際機関のような既存金融体制の領域外で活用されるでしょう。
 
ベナムは近未来について慎重な楽観論を表明しました。暗号化技術は、不道徳なゲートキーパーから権力者に無視された数十億の声にまで、財産の「平等」運動を刺激する可能性があります。
「世界中に68億台の携帯があります。ほぼ世界中一人一台。今我々は直接必要がある人にお金をあげることができます。仮想通貨は、経済的、または社会的の景観を変えるかもしれません。」

ただし懸念点について、以下のように指摘していました。仮想通貨は、政府の腐敗や貧困問題の解決策ともなり得るが、経済格差を拡大しようとする経済エリートも、俗に言う”ならず者国家”も仮想通貨の技術を把握しているため、逆に悪用されてしまえば、これまで国連の努力も水泡と帰してしまうかも知れないと警告し、これだと、暗い未来に歩むことになると言いました。

「仮想資産は絞首刑になる可能性があります。 何を言いたいかというと、技術は貧困や暴力を緩和しようとしている国連や他の人々の活動に反対する武器になる可能性があります。 仮想資産は、より強く財産をコントロールする手段でもあり、搾取する手段になります」と彼は語っていました。

Pocket

関連記事