トピックス

今さらすぎて聞けない仮想通貨と暗号通貨の違い、ビットコインはどちらで呼ぶべきか?

Pocket

仮想通貨の情報を収集しているとき、たまに暗号通貨という言葉を聞いたことがあるユーザーは多いと思われます。

仮想通貨とはなにか、暗号通貨とはなにかと、疑問を抱くユーザーも多いと言えるでしょう。ここでは、仮想通貨と暗号通貨の違い、ビットコインはどちらに分類するのかについて解説していきます。

仮想通貨と暗号通貨って一緒なの?違うの?

多くのユーザーは仮想通貨と暗号通貨は同じと考えている一方、この二つは全く異なると考えるユーザーの二つが存在します。

まとめると、仮想通貨と暗号通貨は同じなのか、そうではないのかという定義が存在しないということです。

仮想通貨と暗号通貨は同じであるという根拠は、仮想通貨という名称を使っているのは日本だけだと思われます。暗号通貨というのは、仮想通貨の正式名所であり、海外では「仮想通貨」ではなく、正式名称である「暗号通貨(Cryptocurrency)」です。

性質上、仮想通貨と暗号通貨は同じで、仮想通貨を暗号通貨と呼んでも、暗号通貨を仮想通貨と呼んでも変わりません。

仮想通貨と暗号通貨の違い

仮想通貨と暗号通貨は違うという考えを持つユーザー達の視線で、二つの違いを解説していきます。

なぜ仮想通貨という言葉が使われたのか

仮想通貨という名称が日本に広まったのは、ビットコインが誕生する前にあります。

ビットコインが誕生する前の仮想通貨とは、文字通り仮想上の空間のみで使えるお金です。わかりやすく例えるなら、テレビゲームやオンラインゲームのみに存在するお金となり、現実世界のお金、つまり日本円に換金することができません。

しかし、ビットコインやアルトコインが誕生して以降、日本のメディアやインターネット掲示板などの間では、次第に「仮想通貨」と呼ばれるようになりました。

我々日本人の間でも、暗号通貨より仮想通貨のほうが呼びやすく、暗号通貨ではなく仮想通貨という名称として浸透するようになったということです。

暗号通貨の本来の意味とはなにか

暗号通貨とは、ゲーム上などの仮想通貨に存在する仮想通貨とは訳が違います。ビットフライヤーのビットコイン用語集にある暗号通貨の内容によれば、暗号通貨はセキュリティ対策のために暗号技術が導入されているとのことです。

ブロックチェーン技術も導入されていますが、ブロックチェーン技術そのものが暗号通貨の特徴でもあります。

ブロックチェーンは分散型台帳技術と呼ばれ、ひとつの組織が支えているのではなく、世界中のユーザー達が支えている、または監視し合う技術です。

ブロックチェーンを用いた取引方法とは、過去の取引情報との整合性を確認し、合意されれば取引が成立するという仕組みでもあります。

特徴は、みんなで支えて監視し合っているので、ブロックチェーンにある情報の書き換えは不可能だということです。

加えて、ひとつのコンピューターが破損しても、ブロックチェーンは壊れることはありません。先ほど説明したように、みんなで支えて監視し合っているのが理由です。

ちなみに電子マネーは?

電子マネーは仮想通貨でも暗号通貨でもありません。日本円などの現金を電子化またはデータ化して決済する手段の名称です。

電子マネーの魅力は、いちいち財布から現金を取り出す手間を省くことができる、お釣りがないことにあります。キャッシュレスで買い物している人にとって、電子マネーは欠かせない存在と言えるでしょう。

仮想通貨と暗号通貨の将来について

仮想通貨と暗号通貨は同じと認識して説明いたしますが、仮想通貨の将来に大きな可能性が秘めています。

仮想通貨の価値の裏付けは、仮想通貨に導入された技術にあり、その中には、世界各国が欲しがっているといっても過言ではない技術が含まれているのです。

中国とロシアの話しになりますが、この二ヶ国は仮想通貨に対する厳しい姿勢を取っていました。しかし、最近になって、独自の仮想通貨を発行するなど、仮想通貨に対する柔軟な姿勢を取っています。

中国の場合は仮想通貨そのものが禁止となっていますが、仮想通貨が合法になれば、大量の中国元が仮想通貨に流れると予想されるでしょう。

中国が仮想通貨参入となれば、仮想通貨の大暴騰は期待できます。最初は需要が多くなるので価格は安くなりますが、その仮想通貨の供給量が需要に追い付けなかった場合は、高い確率で大暴騰するでしょう。

仮想通貨の将来は、中国とロシアの行動にかかっているといっても過言ではないということです。

終わりに

仮想通貨と暗号通貨は結局、同じだということです。ビットコインは暗号通貨の部類に入りますが、仮想通貨と呼称しても変わりありません。

しかし、暗号通貨のほうが正式名称なので、結局は呼びやすい名称でも問題はないということでしょう。

Pocket

関連記事