仮想通貨解説

仮想通貨取引所・bitbank(ビットバンク)の特徴と利用するメリット・デメリットを解説

Pocket

ビットバンクは金融庁の認可を受けている日本の仮想通貨取引所で、人気の高さに関しては、ビットフライヤーとザイフに勝るとも劣りません。

そのわけは、この二つにはないものをビットバンクは持っているからです。ここでは、ビットバンクの特徴と、利用するメリットとデメリットについて、解説していきます。

ビットバンクの特徴

まずは基本データから説明いたします。

取引所:bitbank(ビットバンク)
運営会社:ビットバンク株式会社
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
資本金:2014年5月
取扱銘柄:ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ
金融庁認可の有無:有
公式スマホアプリ対応の有無:有(GooglePlayとAppStoreの両方)
Twitterアカウント:ビットバンク bitbank, Inc. (@bitbank_inc) on Twitter

特徴はビットバンクが扱うリップルです。リップルは国内取引所で有名なビットフライヤーとザイフでさえ扱っていない仮想通貨のひとつでもあります。リップルを扱う国内取引所の中でも、リップルの取引高が高いとされるのは、ビットバンクです。

引用:リップル/Ripple (XRP) 取引所サイトの一覧 | CoinGecko

上記の画像はリップルの取引高の状況になるのですが、見てわかるとおり、ビットバンクのほうが他の取引所より上回っています。ちなみに、モナコインの取引に関する状況はこちらです。

引用:MonaCoin (MONA) List of Trading Exchange Sites | CoinGecko

モナコインは日本円での取引が活発になっているだけでなく、取引高に関してはビットバンクが圧倒しています。

金融庁の認可を受けた取引所といえば、ビットフライヤーとザイフを最初に思い浮かべるユーザーは多いと言えますが、ビットバンクもその二つの取引所と肩を並べる存在になっているということです。

ビットバンクを利用するメリット

ビットバンクを利用するメリットは多いといっても過言ではないでしょう。そのメリットを次に挙げて、解説していきます。

金融庁の認可を受けているから

コインチェックのネム流出事件から始まり、金融庁は仮想通貨取引所に対して規制を強化しました。厳しい規制の中で金融庁の認可を受けたビットバンクはユーザーにとって、信頼性と安心性があるということです。

セキュリティが非常に強力

ビットバンクは二段階認証とマルチシグネチャとコールドウォレット(オフラインウォレット)を導入しているのですが、企業向け仮想通貨セキュリティ専門企業BitGoと契約していることにあります。

BitGoはアメリカにある仮想通貨セキュリティを専門とする企業です。

SBIホールディングスなど大手企業も取引先として深く関わっているだけでなく、取引実績も豊富でもあるので、仮想通貨業務を営む、または業務開始を検討している企業から注目されています。

ビットバンクはBitGoと提携することで、世界最高峰のセキュリティを確保したということです。

ビットコインFX専用取引所ビットバンクトレード

公式サイト:ビットコイン(bitcoin)購入・投資の先物取引所|ビットバンクトレード

ビットバンクトレードとは、ビットバンク株式会社が運営するビットコインFX専用の取引所ですが、特徴は最大20倍のレバレッジ取引ができるというところです。

そして、注意しなければならないことがひとつあります。そのひとつとは、日本円の入金を受け付けていないというところです。

日本円で入金できず、どのように利用すればいいのかというと、そのビットバンクトレードにビットコインを送金することにあります。送金したビットコインそのものを証拠金にすることで、ビットバンクトレードを利用することができるということです。

ビットバンクのデメリット(リスク)

デメリットはほとんどないといっても過言ではありませんが、唯一のデメリットを上げるとすれば、それは簡単取引ができないことにあります。簡単取引とは、スプレッド方式の取引方法です。

スプレッド方式の取引とは、相場に何割か価格を乗せる取引を意味し、その乗せた価格が取引所の手数料となります。

例えばビットコインの相場が850,000円で、スプレットが3,000円としましょう。この場合、ビットコインの販売価格が853,000円で、売却価格が847,000円になるというものです。

この販売方式はビットフライヤーの販売所やGMOコインやコインチェックなどが採用しているだけでなく、初心者におすすめでもあります。

初心者の場合だと、価格を指定して注文する指値注文のやり方がわからない傾向にあるからです。

仮想通貨取引所の安全性をチェックしておこう

日本の取引所に限定して説明しますが、安全性をチェックする段階で、一番チェックしなければならないのが、その取引所が金融庁の認可を受けているかどうかにあります。

金融庁の認可を受けていない業者は「みなし業者」と言って、認可を受けている取引所より、利用リスクが高いからです。

コインチェックのネム流出事件が理由もあり、こういった経緯から日本政府は仮想通貨ユーザーを守るために仮想通貨法をまとめて規制を強化し、みなし業者に対して厳しい対応を取っているのだと思われます。

みなし業者の今後は注目で、もしかしたら、みなし業者から認可済み業者に格上げする可能性があるかもしれません。

おわりに

ビットバンクは国内取引所の中でも強固なセキュリティを敷いているだけでなく、モナコインとリップルの取引高が一番高いです。

ビットコインとイーサリアムとビットコインキャッシュと言った、高額な仮想通貨の取引より、安いモナコインとリップルを中心に取引したいというユーザーは、このビットバンクがおすすめでしょう。

Pocket

関連記事