ビットコインとは

【図解】ビットコインのハードフォークとは?ソフトフォークとの違いをわかりやすく解説

Pocket

「ビットコインが分裂」「ビットコインがハードフォーク」というニュースをよく耳にするかと思いますが、いまいちピンとこないですよね。
「そもそも分裂とは何なのか?」「ハードフォークが何かがわからない!」という方が多いことでしょう。

そこで本記事では、ビットコインのハードフォークとソフトフォークとの違いをわかりやすく解説します。仮想通貨を扱うならハードフォークは知っておいたほうがいいので、理解しておきたい方はぜひ最後までお読みください。

ビットコイン分裂ってどういうこと?

ビットコインの分裂というのは、ビットコインから新しい仮想通貨が生まれるということです。ビットコインキャッシュやビットコインゴールドは、ビットコインからの分裂によって新しく生まれました。

分裂で生まれたこれらの仮想通貨はビットコインを冠しているものの、ビットコインと互換性はありません。ビットコインという名前を使っているのでややこしいですが、それぞれ異なる仮想通貨と考えてください。

ビットコインに限らず、イーサリアムなどの他の仮想通貨でも分裂は起こっています。仮想通貨が分裂する仕組みは、以下のフォークの解説を読むと理解できるでしょう。

フォークとは?

フォーク(fork)は英語で「分岐する」という意味です。食器のフォークと同じ単語で、フォークの先が分かれているように、仮想通貨が枝分かれするのをイメージしてみてください。

もともとフォークはソフトウェア開発用語で、ソフトウェアが分岐したり、既存のプロジェクトから新しいプロジェクトが立ち上がったりすることを指します。

仮想通貨もソフトウェア開発用語における意味と同じです。厳密にはブロックチェーンが分岐することをフォークと呼びます。

ただし、ハードフォークとソフトフォークでは分岐した後の動向が異なるのでその点には注意してください。ハードフォークとソフトフォークについては以下で詳しく解説します。

ハードフォークとは?

ソフトウェア開発用語におけるハードフォークは、「互換性のないアップデート」を意味します。仮想通貨のハードフォークもこの意味と同じです。

仮想通貨のハードフォークは、ブロックチェーンが「永続的に分岐する」ことを指します。永続的というのは、もとのブロックチェーンに戻らず、新しい仮想通貨が生まれるということです。

後ほど解説するソフトフォークでもブロックチェーンが分岐しますが、それは一時的なもので、永続的な分岐は起こりません。永続的な分岐か一時的な分岐か、これがハードフォークとソフトフォークの大きな違いです。

ハードフォークではブロックチェーンに新仕様を適用した後、新しいブロックチェーンとして独立します。もとのブロックチェーンとは互換性がなく、再び合流することはありません。

では、ブロックチェーンのハードフォークが起きるとどのようになるのか、図で見てみましょう。

ハードフォーク-図解

こちらの図ではハードフォークによってブロックチェーンが分岐し、仮想通貨Bという新しい仮想通貨が生まれています。ハードフォークは永続的な分岐であるため、新仕様と旧仕様の互換性はなく、新しいブロックチェーンは元のもとのブロックチェーンに戻ることはありません。

ただし、ハードフォークが行われても分裂しない例もあります。

たとえば、ビットコインキャッシュは2017年11月13日に難易度調整アルゴリズム変更のためのハードフォークを行いました。このハードフォークではブロックチェーンが分岐したものの、新しい仮想通貨は生まれていません。

ソフトフォークとは?

ソフトフォークは「一時的に分岐する」ことを指します。一時的にブロックチェーンが分岐するものの、永続的な分岐は起こりません。分岐中は新仕様と旧仕様のいずれも有効となりますが、ブロックチェーンは長いほうを優先するため、最終的にはどちらかの仕様が採用されます。

ソフトフォークでも分岐は起こるものの一時的であるため、ハードフォークのように仮想通貨が分裂したりしません。ソフトフォークは過去に何度も行われていますが、仕様変更による大きな影響はないと考えられます。

では、ソフトフォークを図で見てみましょう。こちらは新仕様を採用する場合のソフトフォークの例です。

ソフトフォーク-図解

上記の図ではソフトフォークで一時的な分岐が起こったものの、新仕様へと収束しました。ハードフォークと違って新仕様と旧仕様の互換性があり、分岐が起こっている間は新旧どちらの仕様も有効となります。

反対に旧使用が採用されることもありますが、いずれにしても永続的な分岐は起こりません。これがソフトフォークです。

ビットコイン分裂はなぜ起きるのか?

なぜビットコインのハードフォークが行われるのか?その理由はいくつかありますが、概ね開発者やユーザの思想の相違が生まれることが原因です。ビットコインキャッシュの例が分かわかすいでしょう。

ビットコインキャッシュが生まれた背景には、ビットコインの処理速度の遅さを改善するための仕様変更にあります。

ビットコインはブロックチェーン技術を利用していますが、処理を行う「ブロック」のサイズは1MBに限られていました。それゆえ、ビットコインの流通量や取引量が増えた結果、1MBのサイズでは処理が間に合わず、取引に時間がかかる、という問題がありました。

この問題の解決方法として、あるグループはソフトフォークで対応しようと考えましたが、あるグループは1ブロックあたりの容量を1MBから8MBに増やすことで対応しようと考えました。この意見の相違により、結果として1ブロックあたりの容量を増やした「ビットコインキャッシュ」が開発されたのです。

このビットコインキャッシュの開発は、これまでのビットコインと大きく仕様が異なりますので、ビットコインとビットコインキャッシュの間で互換性はなくなります。つまり、ビットコインとビットコインキャッシュはそれぞれ全く仮想異なる通貨、ということになるのです。

過去に起きた分裂とその影響とは?

ハードフォーク、ソフトフォークはともに、仮想通貨市場に大きな影響を与えます。

一般的に、ソフトフォークは機能改善を意味しますので、一般的に、仮想通貨の価値が向上し、価格も上昇することが知られています。一方、ハードフォークの場合は、分裂元のもの仮想通貨の価格は下落しがちです。運用の不安定さや、新たに生まれた仮想通貨と比べレガシー扱いされがちだからです。

ただしビットコインの場合は、これまでハードフォークが行われても、一時的な価格の下落はあっても、その後すぐに回復してきました。

2017年8月のハードフォークでビットコインキャッシュが誕生した際は、当日4万円ほどの下落が生じましたが、4日後には持ち直すどころか、ハードフォーク前よりも価格が上昇する結果となりました。

また、2017年10月のハードフォークでビットコインゴールドが誕生した際にも、一時的に価格が下落しましたが、やはり数日で回復しています。やはり王者の風格、といったところでしょうか。

しかし今後どうなるかは誰にもわかりません。まだビットコインを超えるアルトコインは登場していませんが、ビットコインはスケーラビリティ問題がネックとなって時価総額1位の座が脅かされるかもしれません。

中でもビットコインキャッシュは2017年12月時点でリップルを抜いて時価総額3位にまで上昇し、非常に大きな注目を集めています。しかし、仮想通貨自体が黎明期であるため、5年後、10年後にどの仮想通貨が生き残っているのかを見極めるのは難しいと考えられるでしょう。

ビットコイン分裂の現状

2019年6月現在、ビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨は、38種類にものぼります(参考:Full List of Bitcoin Forks, Bitcoin Hard Forks | Forks.net)。代表的なものとしては、ビットコインキャッシュ、ビットコインクラシック、ビットコインゴールドなどが挙げられます。

また、ビットコインキャッシュからのハードフォークにより、ビットコインSVが誕生しています。ハードフォークが中止されることがありますが、ビットコインのハードフォークが乱立している状況です。

今後のアップデートやハードフォークに注目すべき仮想通貨

ハードフォークはビットコインの専売特許ではなく、イーサリアムなどのアルトコインからのハードフォークによって誕生した仮想通貨が数多く存在します。

前述の通り、ハードフォークは市場が動く機会ですので、仮想通貨に投資している方は動向を注意することをおすすめします。そこで、今後の大型アップデートやハードフォーク、およびそれにともなう場の動きに注目すべき通貨を紹介します。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、2019年5月15日に大型アップデートを実施しました。分裂をともなうハードフォークではなく、アップデートという形をとることとなりました。

アップデートの実施直後はバグによるネットワークの不安定化が生じましたが、翌日には安定した状態へと戻りました。アップデート後の価格は上昇傾向にありますが、今後の動向には注意が必要です。

イーサリアム・クラシック

イーサリアム・クラシックは、2019年9月中旬にハードフォークを予定しています。このハードフォークは「アトランティス(Atlantis)」と名付けられています。ネットワークのセキュリティ保護を目的とし、さらなる高品質のブロックチェーンソフトウェアを開発することを主要な優先事項として掲げています。

おわりに

ハードフォークとソフトフォークの違いは理解していただけたでしょうか? 難しく感じるかもしれませんが、ソフトフォークでは分裂が起きない、ハードフォークでは分裂が起きると解釈しておいて問題ないでしょう(分裂が起きないハードフォークもありますが)。

ハードフォークを理解しておくと、仮想通貨の投資にも役立つと思います。仮想通貨を扱うなら、特にビットコインのハードフォークには要注目です。

Pocket

関連記事