未分類

仮想通貨のカレンシータイプとアセットタイプの違いを易しく解説

Pocket

仮想通貨にはカレンシータイプとアセットタイプの二種類があり、その仕組みもそれぞれ異なっています。なにが違うのかというと、カレンシータイプはマイニングするタイプの仮想通貨である一方、アセットタイプは発行者がいるタイプの仮想通貨だからです。

ここでは、カレンシータイプとアセットタイプの違いをわかりやすいように、詳しく解説していきます。

仮想通貨の大別2種類

仮想通貨にはカレンシータイプとアセットタイプの二種類があると冒頭で説明しました。仮想通貨は仮想通貨でも、どうして中身は違うのか、それ以前にどうやって見分けるのかと、疑問を抱くユーザーは意外と多いかもしれません。

中身の違いについては後ほど解説いたしますが、見分ける方法については、CoinMarketCapというチャートサイトを利用したほうがわかりやすいでしょう。その公式サイトはこちらです。

CoinMarketCap:仮想通貨の時価総額 | CoinMarketCap

パソコンの操作を仮定して説明しますが、「時価総額」と表示されている部分をクリックすると、全ての仮想通貨、コインのみ、トークンのみが表示されます。「コインのみ」はカレンシータイプの仮想通貨のみ、「トークンのみ」はアセットタイプの仮想通貨のみと、それぞれ表示されるということです。

しかし、仮想通貨取引所に上場してしまえば、タイプに関係ないと判断しているユーザーはいると考えていますが、それは違うと考えています。なぜなら、需要性と流動性が理由だからです。仮想通貨やトークンの価値は発行上限だけでなく、需要性と流動性によって決まります。発行上限のないイーサリアムがそれを証明しているというわけです。

需要性と流動性も、カレンシータイプとアセットタイプの違いに影響してくるでしょう。その理由も、二つのタイプそれぞれで詳しく解説していきます。

カレンシータイプ

カレンシータイプはマイニングするタイプの仮想通貨で、これと決まった発行者は存在しません。決まった発行者はいないのになぜカレンシータイプの仮想通貨が発行されるのかというと、世界各国の不特定多数の参加者によって、マイニングという形で発行されるのが理由だからです。

カレンシータイプに該当する仮想通貨といえば、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ネムなどが挙げられます。もう少し深掘りしていくと、国内取引所で扱っている仮想通貨は、カレンシータイプだけです。たまたまなのか、意図的にこうなったのかは、現時点で不明と言ったところでしょう。

カレンシータイプはマイニングで発行される仮想通貨と説明しましたが、マイニングは誰でも参加できます。カレンシータイプの仮想通貨の多くが、パソコンが持つ高い計算能力によって発行されるという仕組みです。

マイニングとは、過去の取引履歴の整合性を検証し、承認していくという作業のことを言います。取引履歴という情報の塊であるブロックを生成することで、マイニング報酬が得られるという仕組みです。マイニング報酬についてもう少しわかりやすく説明すると、計算能力が高ければ高いほど、得られるマイニング報酬量が多くなります。

逆に言えば、マイナーがいなければ、カレンシータイプの仮想通貨は発行できないという一面を持ち合わせています。

アセットタイプ

発行者が存在する仮想通貨のタイプですが、ビットコインやイーサリアムのプラットフォームを利用して発行されたトークンが該当します。マイニングという概念は存在せず、発行者の意思によって、発行枚数を減らしたり、逆に増やしたりすることが可能です。

ICOから誕生した仮想通貨がアセットタイプに該当すると例えたほうがわかりやすいでしょう。ICOを企画してトークンを販売する目的は、プロジェクトを行う資金の調達にあります。株式と違って、資金調達のハードルが低いので、ベンチャー企業や中小零細企業でも、ICOを企画するのは容易いということです。そのプロジェクトに成功し、仮想通貨取引所に上場すれば、上場したトークンの価値が上昇する可能性は大きいでしょう。

アセットタイプは、EOSやTRXやTetherなどが該当します。多くがイーサリアムのプラットフォームを利用しており、その理由は、開発の質を維持した状態でコスト削減が期待できると、考えているからです。

おわりに

仮想通貨はカレンシータイプ、トークンはアセットタイプと区別して考えたほうがわかりやすいでしょう。これらの価値は発行上限だけでなく、その仮想通貨が持つ技術、需要性、将来性、流動性などによって決まると考えています。これらの価値や特徴を比較し、仮想通貨またはトークンを購入するようにしましょう。

Pocket