仮想通貨の基礎知識

スマートコントラクトとは何か?仕組みや事例を解説

Pocket

イーサリアムの取引をしているとき、スマートコントラクトという言葉を耳にしたユーザーは多いと思われます。しかし、すでに我々の生活に浸透しており、多くの人は何も知らないまま、スマートコントラクトに触れているのです。

ここでは、スマートコントラクトとはどのような機能なのか、その仕組みや導入事例などについて詳しく解説していきます。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトはイーサリアムなど一部の仮想通貨に使われているブロックチェーン技術のひとつで、一言でまとめるなら「人という仲介者を介さない契約の自動化」です。

仕組みについては詳しく後述いたしますが、このスマートコントラクトが本格的になれば、我々の生活が便利になるといっても過言ではないでしょう。

スマートコントラクトではない普通の契約の場合だと、従来通り人を介さないと契約が成り立ちません。例えばレジの会計で、スーパーなどで消費者が商品を選び、その商品がいっぱい入っている買い物かごをレジに持ち込みます。

レジ打ちの人は商品ひとつひとつにバーコードをかざして、合計金額を計算し、消費者は現金またはクレジットカードで会計を済ませるというものです。

しかし、スマートコントラクトが導入されれば、レジ打ちの人は必要なくなります。必要なのは、スマートコントラクトの機能がある機械だけだということです。

スマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクトは不動産にも対応可能です。具体的な内容を説明すると、購入者は土地付き新築住宅を購入したいと不動産屋に申し込み、不動産屋は購入者の申し込みを受け入れて契約手続きに入りますが、この段階では従来の契約とスマートコントラクトとは何も変わりません。変わるのは、売買契約が締結したその先です。

大雑把に説明すると、契約内容と実行する条件が合致したときにスマートコントラクトがスタートして、決済が完了するまで続きます。購入した不動産が自分の名義になっていれば、スマートコントラクトという自動契約は終了ということです。

従来の契約であれば、様々な書類が必要になりますが、スマートコントラクトでの自動契約であれば、書類は必要ありません。

面倒な契約手続きが一元管理できるだけでなく、ブロックチェーンにこれらの情報が書き込まれているので、セキュリティは強固と言えるでしょう。この技術をさらに応用することで、紙がいらない、ペーパーレス化の実現が期待できるでしょう。

スマートコントラクトの事例

スマートコントラクトは我々の生活に浸透していると説明しましたが、どのようなものがスマートコントラクトになるのか、その事例を挙げて、解説していきます。

自動販売機

自動販売機は現金または電子マネーを利用することでジュースなどを購入できるのは言うまでもありませんが、すべての自動販売機にスマートコントラクトが導入されているということです。

自動販売機の歴史はかなり古いですが、その古い時代から、スマートコントラクトが導入されているということになります。

ちなみに、鉄道の駅にある切符の券売機も、食堂などにある食券の販売機もスマートコントラクトが導入されているなど、我々の生活をスマートコントラクトが支えているといっても過言ではないでしょう。

セルフレジ(無人レジ)

レジ打ちについての説明はしましたが、セルフレジはスマートコントラクトが導入されています。セルフレジはレジ打ちの人を介さず、消費者自らが商品ひとつひとつにバーコードをかざして会計するというものです。しかし、高齢者ほどセルフレジを避ける傾向にあるようです。

考えられるのは、機械が苦手だとか、いちいち商品のバーコードをかざすのが面倒くさい、などが挙げられます。

セルフレジが普及したらレジ打ちのパートの仕事が無くなるという危惧を隠せない人(レジ打ちのパート従業員など)はいますが、セルフレジが苦手な人にとってはレジ打ちの人がいてくれたほうがいいと考える人がいるので、多少の仕事は減ったとしても、ほとんど変わらないということです。

おわりに

スマートコントラクトは我々の生活に欠かせない機能で、積極的に普及していけばいいと考えています。なぜなら、一言でまとめると「便利」になるからです。しかし、スマートコントラクトによって仕事が無くなる人は大打撃といっても過言ではありませんが、ほとんど変わらないでしょう。

スマートコントラクトは機械とコンピューターで運用されているので、管理する人がいなければ、これらは機能がしなくなるということです。別の視点を変えれば、スマートコントラクトを用いた仕事が、以前より山ほどあるかもしれないということになるでしょう。

Pocket

関連記事