ニュース

【Libra】Facebookが銀行と決裂する原因にリブラ:ING幹部

Pocket

仮にソーシャル・メディア大手、Facebook(フェイスブック)が規制上の懸念に対処せずに仮想通貨分野への試験的な進出を続けるのであれば、フェイスブックとの取引を停止する銀行も出るだろうと、ING幹部が警鐘を鳴らしました。

 

10月22日のフィナンシャル・タイムズのインタビューで、CEOのRalph Hamers(ラルフ・ハマーズ)氏は、Libra(リブラ)プロジェクトの未解決の規制上の問題が、「金融制度のゲートキーパー」としての銀行にある程度の危険をもたらすと語りました。

 

リブラのユーザーがマネーロンダリング防止基準をかいくぐり、「金融犯罪」を助長する可能性があるため、銀行側は「対策を講じて顧客を締め出す、もしくは顧客を受け入れないか」という問題に直面する、とハマーズ氏は述べました。「これは、避けては通れない議論だ」と付け加えました。

 

この数週間のうちに、Visa(ビザ)、Stripe(ストライプ)、Mastercard(マスターカード)といった、いくつかの有名な決済関連企業が、Libra Association(リブラ協会)に参加するという法的拘束力のない基本合意書から離脱しました。

 

フェイスブックの広報担当者は以下のように述べました:

「当初より、きちんと進めるために時間をかけると明言してきました。リブラ協会は、金融制度の安定と保証を監督する規制当局や政策立案者と協議を始めると、ホワイトペーパーで発表しました。リブラ協会のメンバーとして、この世界的な金融インフラが、利用者のことを反映する形で運営されるように、フェイスブックはその協議に引き続き参加していきます。フェイスブックは、リブラ協会が規制上の懸念に十分に対処し、適切な承認を受けるまでは、カリブラ・ウォレット(Calibra wallet)を通してリブラを提供しません。」

 

「我々は、何の危険も冒したくないと考えるほど、非常に巨大で、規制に則った組織です」とハマーズ氏は語りました。「我々は事態の進展に注視していく、と述べて参りました」

 

この記事の翻訳元

Facebook Risks Banking Ties Over Libra Concerns, Says ING Exec – CoinDesk

Pocket

関連記事