ニュース

【伊勢志摩】日本の観光客は暗号通貨で支払いすることが可能

Pocket

株式会社三菱総合研究所(MRI)と大阪を拠点とする鉄道会社は、日本の三重県の人気のある観光地で使用するために地域暗号通貨を発行しています。

 

1970年に三菱グループ会社によって設立されたMRIは、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨として、2019年11月11日(月)から2020年1月31日(金)までの期間、「近鉄しまかぜコイン」を発行します。

 

この実験は海、真珠養殖、海鮮、国立公園などで知られる伊勢志摩半島で行われます。参加施設は、志摩スペイン村、都リゾート志摩ベイサイドテラス、賢島エスパーニャクルーズ、マコンデ美術館など15個の施設がコインを受け入れることができます。

 

日経のニュースレポートによると、近鉄は最終的に鉄道で使用するための恒久的な暗号通貨を発行したいと考えています。

 

近鉄しまかぜコインを使用するには、ユーザーは登録のために近鉄しまかぜコインアプリをダウンロードする必要があります。

 

1,000円単位でチャージし、購入額の10%がプレミアムとして加算されます。最大100,000円までチャージ可能です。参加者間でコインの送金が可能になります。試用期間が終了すると、コインは廃棄され、使用できなくなります。

 

MRIと提携している近鉄グループは、東京証券取引所に上場しており、プログラムの対象地域への路線を含む輸送資産を所有しています。 MRIは、トークンの発行と管理を担当します。近鉄とMRIは、地域のコインのために2年間提携しています。 2017年9月に近鉄ハルカスコインが実施され、ブロックチェーン技術を使用した支払いシステムがテストされました。

 

近鉄しまかぜコインは、両社がこれまでに大阪市で行ってきた「近鉄ハルカスコイン」と、大阪上本町駅で実施した社会実験と同様に、MRIのブロックチェーン技術を活用している。プレミアム付きのデジタル地域通貨の発行により、更なる旅客誘致を図り、同地域の競争力を高めることを目指しています。

 

この記事の翻訳元

Tourists in Popular Japanese Region Could Soon Use a Local Cryptocurrency – CoinDesk

Pocket

関連記事