ニュース

【EY】公共財政の説明責任を改善するブロックチェーンツールをローンチ

Pocket

四大監査事務所のひとつであるErnst&Young(アーンスト・アンド・ヤング:EY)は、ブロックチェーン技術を使用し、政府が公共財政の管理における透明性と説明責任を改善することを支援しています。

 

同社は10月16日(水)、新しい「ブロックチェーン対応」EY OpsChain Public Finance Manager (EY OpsChainパブリック・ファイナンス・マネージャー)を発表しました。同ツールは資金が政府や公共サービス機関など異なるレイヤーを通過した場合でも、政府の財政支出計画と支出結果を比較できると述べました。

 

財務状況をリアルタイムで追跡し、「意思決定をサポートするために、統合された財務および非財務パフォーマンス情報についての単一ソースを作成する」ことも可能です。

 

EYの Global Public Finance Management (グローバル・パブリック・ファイナンス・マネジメント)のリーダーであるMark MacDonald(マーク・マクドナルド)氏は発表の中で、透明性、説明責任、意思決定のための健全な証拠は公共財政の管理に不可欠であると述べました。同ツールは、財務責任者らが自分たちのシステムを「評価・改善」することを支援することが目的と付け加えました。

 

ツールはすでに世界中で試験的に運用されており、トロントでは市当局が同ツールを使って、どのように部門間の調整と資金移動が管理されているかを追跡していると同社が述べていました。

 

システムはEY OpsChain上に構築され、EY OpsChainは4月にローンチされたブロックチェーンプラットフォームで、1日あたり最高2000万件の取引をサポートしています。同社は、ヘルスケア、食品業界、サプライチェーン、財務管理など、ブロックチェーンプラットフォームの幅広いユースケースに注目しています。

 

この記事の翻訳元

EY Launches Blockchain Tool to Help Bring Accountability to Public Finances – CoinDesk

Pocket

関連記事