ニュース

【EY】プライバシー問題は法人がブロックチェーンを採用するかが鍵

Pocket

四大監査事務所のひとつであるErnst & Young(アーンスト・アンド・ヤング:EY)の幹部は、プライバシーの問題を解決できれば、ブロックチェーンが商業に革命をもたらすことができると考えています。

 

「ブロックチェーンは、個々の企業だけでなく、ビジネスエコシステムとネットワーク全体を結びつけるツールになるでしょう」とアーンスト・アンド・ヤングのグローバルイノベーションリーダーであるPaul Brody(ポール・ブロディ)氏は述べていました。 「企業は、プライバシーとセキュリティなしではパブリックメインネットを使わないでしょう。」

 

ブロディ氏はインタビューで、EYのオープンソースコードリポジトリであるNightfall(ナイトフォール)を含む、さまざまなプライバシーソリューションについて説明していました。このプロトコルは、ゼロ知識証明とスマートコントラクトを統合し、パブリックイーサリアムブロックチェーンでのプライベートトランザクションを可能にします。

 

資金調達はユースケースの1つです。ナイトフォールは、最適な価格で「追加の事務手数料や工場管理費なしに」スマートコントラクトをセットアップできるとブロディ氏は主張していました。

 

基本製品はGitHubで無料のままですが、ナイトフォールの取引コストは約10ドル(約1080円相当)と高めとなっております。 ブロディ氏は、コストは来年に1ドルを下回る可能性があると考えています。つまり、ナイトフォールは最終的に、プライベートで許可されたブロックチェーンよりも費用効果が高くなる可能性があることを意味します。

 

この記事の翻訳元

WATCH: ‘Big Four’ Exec Says Privacy Is Key to Enterprise Blockchain Adoption – CoinDesk

Pocket

関連記事