ニュース

【韓国】2021年までに貿易金融をブロックチェーン上に移行

Pocket

韓国の貿易金融はブロックチェーンに移行するとCoinDeskコリアが伝えました。

 

この移行は2021年までに行われる予定です。一方、ブロックチェーン技術で外国為替取引することは数カ月以内に開始する予定です。

 

貿易金融について言えば、関連文書はブロックチェーン上で共有され、金融機関がアクセスできるようになります。一方、輸出債券も同様にアクセス可能になるため、銀行は重複発行をチェックできるようになります。

 

これらの取り組みは、同国のデジタル・トレードのための開発計画の主要項目であり、同計画は10月14日(月)、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相によって発表されました。この計画により、ブロックチェーンは5GやAIとともに、貿易環境の変革と輸出の強化に活用されます。

 

「我々は、契約、税関、物流など、輸出のあらゆるステージで簡単かつ便利に利用できるデジタル・トレード・プラットフォームを構築する」と同氏は述べました。

 

銀行、銀行協会、貿易協会、韓国貿易ネットワーク(KTNet)などのメンバーで構成されるデジタル・トレード・ブロックチェーン・カウンシルが結成され、貿易プロセスの自動化に取り組んでいく予定です。

 

この取り組みの目標の1つは、ブロックチェーン・ベースの外国為替取引を促進することです。2019年12月までに、7行を統合してサービスを確立することが目標とされています。

 

ブロックチェーンを活用するこの計画のもう1つの要素は、u-Trade-Hub 2.0(uHT 2.0)です。ブロックチェーン技術を利用して、輸出、外国投資、国際プロジェクトに関する情報をまとめ、海外での存在感を高めたい企業が利用できるようにします。

 

貿易金融におけるブロックチェーンは、世界的に大きな関心を集めている分野であり、すでにかなりの成果が達成されているようです。ヴォルトロン(Voltron)には世界有数の金融機関が複数参加しています。中国建設銀行の自社プラットフォームはすでにかなりの量のデータを処理しています。UBSはwe.tradeを今月はじめにローンチさせました。

 

韓国では、英大手金融機関のHSBCは今年はじめ、自社のブロックチェーン・トレード・ファイナンスの取り組みを発展させるために、パートナーとして地元銀行を探していると述べました。

 

この記事の翻訳元

South Korea Aims to Put Trade Finance on the Blockchain by 2021 – CoinDesk

Pocket

関連記事