ニュース

【PMGT】豪パースパースミント、イーサリアムに基づいたトークンを担保

Pocket

豪州最大の貴金属精錬事業者であるThe Perth Mint(パースミント)は、フィンテックスタートアップのInfiGold(インフィゴールド)と共同で、金を担保とするデジタルトークンをローンチしました。同社は米ドル担保のステーブルコインの代替手段を目指すとしています。

 

10月11日(金)パースミントが発表した金で裏付けられたトークンは「パースミント・ゴールドトークン(PMGT)」というERC-20トークンです。パースミントは昨年1月、個人投資家向けに金のデジタル証明書を発行する「ゴールドパス」を発表しました。このデジタル証明書はスマホアプリを通じて、購入することができ、現物の金と1:1で交換できます。金自体は、中央銀行と同じレベルの金庫に保管されています。

 

「PMGTはデジタル化されたゴールドであり、ユーザーはパースミントに保管されている政府保証の金を信頼できる会社から簡単に取得することができます」とInfiniGoldは発表で述べました。

 

PMGTトークンはErnst and Young(アーンスト・アンド・ヤング)の支援を受けて設計され、最終的な規制協議が完了すれば、PMGTは金ETF、CME金先物、現物のXAU(金)など、従来の金商品に対して直接取引可能となります。

 

この記事の翻訳元

Australia’s Gold Mint Is Backing a Crypto Token Based on Ethereum – CoinDesk

Pocket

関連記事