ニュース

【Morningstar】モーニングスター、暗号資産の評価システム提供へ

Pocket

Morningstar Credit Ratings(モーニングスター・クレジット・レーティングズ)は、ブロックチェーン上でトークンとして発行された債券の評価システムを計画しています。新興の資産クラスを投資家にとってより信頼できるものにすることが狙いです。

 

新しい評価サービスは、カストディ・アンド・トラスティーによって管理・運営されている117兆ドル(約1京26000兆円)の債券業界の分散型金融ネットワークへの移行を可能にするとモーニングスター・クレジット・レーティングズの最高執行責任者、Michael Brawer(マイケル・ブラウアー)氏は2019年10月1日(火)にフォーブスのインタビューで語りました。

 

数十億ドル規模の投資が仮想通貨業界に流れ込むだろうとブラウアー氏は述べました。新しい評価サービスは、この新しい資産クラスの信頼性を高めることができます。

 

一方、社内モデルを活用して、顧客がそうした投資を評価できるプレミアム・カスタムサービスもローンチする予定です。

 

報道によると、モーニングスターの債券評価システムは、オラクルと呼ばれるテクノロジーを通じて、イーサリアム・ブロックチェーン上に直接配置され、最終的には他のブロックチェーン上にも拡大されます。

 

一般公開される評価サービスは年内にローンチ予定で、プレミアムサービスは2020年末までにローンチ予定となっています。

 

「我々は、クレジット評価であれ、それらの債券プロダクトに付随するさまざまなタイプのクレジットデータやクレジット分析であれ、クレジット・オピニオンも提供する方法を検討している。そして、ブロックチェーン上でのサービス提供も検討している」とブラウアー氏が述べていました。

 

モーニングスターは、ブロックチェーン上でスモールビジネス向け融資や住宅担保などの債券を発行・証券化するさまざまな投資家からアプローチを受けて、仮想通貨分野の評価サービスへの需要を理解しました。

 

「ドッド・フランク法(米金融規制改革法)とSECの規制にすべて基づいた非常に精緻で複雑なガバナンス・プロセスがある」とブラウアー氏が述べました。

 

フィンテックスタートアップのFigure(フィギュア)、オルタナティブ投資企業のCadence(ケーデンス)、DeFi(分散型金融)プラットフォームのPolymath(ポリマス)などが新しいサービスをローンチするためにモーニングスターと連携する可能性があります。

 

この記事の翻訳元

Financial Services Giant Morningstar to Offer Ratings for Crypto Assets – CoinDesk

Pocket

関連記事