ニュース

【Bakkt】バックトのビットコイン先物、1週目で500万ドルにとどまる

Pocket

大きな期待を集めた、インターコンチネンタル取引所のビットコイン先物は1週目の総取引額をわずか500万ドル(約5億4000万円相当)で終えました。デイリー契約は5件を下回りました。

 

同取引所がデジタル資産向けの新市場として2018年に立ち上げたBakkt(バックト)は先週およそ623件のマンスリー契約が取引されました。マンスリー契約とデイリー契約はともに今年の9月23日(月)にスタートしました。

 

バックトの先物取引は1契約1ビットコイン(BTC)にあたるため、記事執筆時のビットコイン価格8322ドル(約90万円相当)で換算すると、総取引額は500万ドルをわずかに上回る額となりました。

 

対照的に2017年に開設された競合の取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、9月27日のみでおよそ4099件のビットコイン先物が取引されました。CMEの先物契約は1契約が5 BTCにあたるため、1日の総取引額は1億6500万ドル(約180億円相当)となります。

 

バックトの幹部らは、新しい先物取引は仮想通貨業界にとって画期的なものになると述べ、ビットコインや他のデジタル資産の購入にこれまで乗り気ではなかった大型機関投資家にアピールしていました。

 

「コストもしくは流動性の理由がない限り、人々がある取引所から別の取引所に移行するには時間がかかる。こういったものは、ゆっくり発展していく傾向にある」とCoinRoutes(コインルーツ)のCEO、Dave Weisberger(デイブ・ワイスバーガー)氏が述べました。

 

この記事の翻訳元

Trading Volume for Bakkt’s Bitcoin Futures Hit Just $5 Million in First Week – CoinDesk

Pocket

関連記事