ニュース

【Libra】Facebook「リブラ」は国連に役立つ可能性:リブラ協会責任者

Pocket

リブラ協会(Libra Association)の責任者は、フェイスブック(Facebook)が主導する仮想通貨プロジェクト「リブラ」が国際連合に役立つ可能性があると主張しました。

 

リブラ協会が登記されているスイスのジュネーブにおいて、国連事務局で開催されたブロックチェーンイベントでリブラ協会マネージングディレクターのBertrand Perez(バートランド・ペレス)氏は、貧困の根絶や男女の平等の達成といった分野において、政府間組織が持続可能な開発目標(SDGs)を達成するのにリブラが役立つ可能性があると述べました。

 

リブラは、法定通貨と国債の準備金に裏付けられたステーブルコインとして計画されています。2020年半ばから末にかけてローンチ予定と言われているが、フェイスブックのCEO、Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は9月26日(木)に確定していないような発言を残しました。

 

ペレス氏はまた、リブラが国家の金融政策への脅威となり得るという規制当局による懸念にも触れ、このプロジェクトは貨幣を生み出しているわけではないと述べました。

 

フランスは、「通貨主権」への脅威を理由にEU(欧州連合)においてリブラを阻止すると述べ、ドイツやアメリカも同様の懸念を表明しました。

 

「リブラの準備金を用いて何か金融政策を行うような立場に我々がいるわけではありません」とペレス氏が強調しました。

 

Forbes(フォーブス)もまた、今週ニューヨークでの第73回国連総会において、ブロックチェーンはますます、国連がSDGsを達成するのに役立つ技術と捉えられていると報じました。

 

University College London(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)のCenter for Blockchain Technology(ブロックチェーンテクノロジーセンター)に所属するJane Thomason(ジェーン・トマーソン)博士は、「今年の国連総会とその周辺で開催されるブロックチェーン関連イベントの多くは、素晴らしい活用事例を見せることによって、ブロックチェーンがいかにSDGs達成に貢献し続けているかを示す点に重きを置いていました」と述べました。

 

この記事の翻訳元

Facebook-Led Libra Could Be Boon to UN, Says Crypto Project’s Chief – CoinDesk

Pocket

関連記事