ニュース

【JLL】北東アジアで発表された不動産ブロックチェーンプロジェクト、一つはソニー関連

Pocket

最近、北東アジアに不動産に関連するブロックチェーンプロジェクトが多く発表されました。ほとんどの活動はテスト、開発契約、パイロットプロジェクトに関連します。

 

また、9月初旬、JLL Japanは三井住友信託銀行を含む多くの企業と協力して、不動産データの記録と管理のためのデジタルプラットフォームを開発すると述べました。ブロックチェーン技術を用いて「不動産の物件管理・収支情報」などのデータを一元化するプラットフォームを構築し、情報管理や活用方法の検証が行われます。

 

ソニーが管理し、ヤフーの一部が所有するSREホールディングス株式会社の子会社である、SRE AI Partners株式会社が、今月下旬、三井住友信託銀行主導のプロジェクトに参加し、不動産取引の円滑化のためのブロックチェーンプラットフォームの作成に取り組んでいると語りました。

 

9月24日(火)に、不動産ブロックチェーンの特許技術を多数持つ「ツバイスペース」と、リーガルワンストップサービスを提供する東雲グループの不動産関連サービスを担っている「東雲アドバイザーズ」が、日本独自の不動産業界由来の法律を活用した不動産のセキュリタイゼーションと、ブロックチェーン技術を融合させ、世界初の不動産のセキュリティトークンを発行すると発表しました。両社は10月初旬に正式に発表されると述べました。

 

この記事の翻訳元

Property Blockchain Projects Announced in Northeast Asia, One Sony-Related – CoinDesk

Pocket

関連記事