ニュース

【BTC】ビットコイン、6月以来初の8,000ドル割れ

Pocket

ビットコイン(BTC)は9月25日の売買取引で1,000ドル(約10万円相当)も急落し、投資家に再び衝撃を与えることとなりました。

 

9月25日深夜1時からの30分間で価格は8,000ドル(約85万円相当)を下回り、今年6月12日以来最低となりました。さらに、投資家たちは熱狂的な売りの中でポジションをクローズしようと、24時間で300億ドル(約3.23兆円相当)が市場から引き出されました。

今回の価格下落はBitmex(ビットメックス)のマージンコールと清算によって悪化した可能性があります。

上図にて読み取れるように、BTCは早くも9月2日から仮想通貨ツイッターコミュニティの大部分が注目していた弱気の下降型トライアングルを示し始めています。

 

テクニカル面では、日足チャートでRSI(相対力指数)が極端に売られ過ぎており、ヒストグラムの棒線が0未満になっているため、短期的な反発の可能性が指摘されています。しかし、三角形内のピークから底値へのドローダウンを見ると、2018年6月以前の6,100ドル近くへの道が視野に入ります。

 

200日移動平均 (8,311ドル) を上回る強気水準を堅持できるか、買い筋にはプレッシャーがかかるところです。

 

この水準を下回った場合、2019年の残りの期間にわたり新たな弱気相場に入ることがより確からしくなります。

 

この記事の翻訳元

Bitcoin Dips Below $8K in First Since June – CoinDesk

Pocket

関連記事