ニュース

【IBM】IBM、フェイスブックとの連携に前向き

Pocket

IBMはブロックチェーン技術を発展させるために、フェイスブックと連携することを前向きに検討しています。同社幹部はブロックチェーン・エコシステムを発展させるにはみんなが一緒に協力し合うことが大切だと述べました。

 

「弊社のクライアントはフェイスブックと連携する準備ができている。我々はそのために、あらゆるクライアントと連携する準備ができている」とIBMのブロックチェーン・ゼネラルマネージャー、Jason Kelley(ジェイソン・ケリー)氏は述べました。

 

ケリー氏は、フェイスブックのような規模の企業が競争に加わることは、基盤となるブロックチェーン技術の正当性を高めることにつながると述べました。しかし、同氏は、IBMがリブラ協会に参加することに関心を持っているのか否かについて触れませんでした。

 

フェイスブックのステーブルコイン「リブラ」はIBMにとって、ブロックチェーン技術を金融サービス産業に適用するという大きな目標を実現するためのキーとなるかもしれません。

 

IBMは、国境を超えた決済を促進するために同社が特許を持つStellar(ステラ)ブロックチェーンの開発に注力し、ステラを活用した国際決済システム「World Wire(ワールド・ワイヤー)」をローンチしました。

 

ワールド・ワイヤーの目的は、分散型ネットワークによっていままでの国際決済システムを置き換え、決済仲介業者を無くすことです。

 

現地の法定通貨に裏付けされたステーブルコインは、伝統的な決済仲介業者を置き換える最適なデジタル資産の1つと考えられています。

 

2019年3月、IBMはステラを基盤としたステーブルコインの発行を目的に、フィリピンのリサール商業銀行、ブラジルのBanco Bradesco(バンコ・ブラデスコ)、韓国の釜山銀行など、国際銀行6行と合意したと発表しました。

 

IBMによると、ワールド・ワイヤーは72カ国に決済拠点を持ち、48種類の通貨、46行の銀行で送金が可能となっています。

 

この記事の翻訳元

IBM Says It’s Ready to Work with Facebook on Blockchain – CoinDesk

Pocket

関連記事