ニュース

【Huobi】フォビ、アルゼンチンに仮想通貨取引所を展開

Pocket

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)はアルゼンチンに進出します。同国ではインフレで悪名高いペソに対する防衛手段として仮想通貨の普及が進んでいます。

 

同社は2019年9月17日の声明において、アルゼンチンペソで幅広い仮想通貨の購入を可能にする取引所Huobi Argentina(フォビ・アルゼンチン)のローンチを発表しました。

 

フォビはまた10月に、クレジットカード、電信送金、決済アプリMercadopago(メルカドパゴ)を含むアルゼンチンで一般的に使われている支払い方法によって仮想通貨が購入できるサービスをスタートする予定です。

 

アルゼンチンにおける仮想通貨の需要は、同国の仮想通貨テクノロジーに対する開かれた姿勢と、ペソの切り下げによるリスクを緩和するための代替策を見つける必要性によって牽引されているとフォビは述べました。

 

市場データを提供するスタティスタ(Statista)のレポートによると、アルゼンチンの仮想通貨及率は約16%と、世界で第4位に位置しています。同レポートは、ラテンアメリカには他のどの地域よりも多くの仮想通貨ユーザーがいると述べました。

 

「最近課された通貨管理や、はびこるインフレを含め、アルゼンチンの変動しやすい経済状況は仮想通貨の普及にぴったりの環境を生み出している」とフォビは述べました。

 

アルゼンチンは先日、ペソ市場を安定させるために通貨管理を実施し、国民の外貨購入を制限しました。

 

「仮想通貨関連の商品とサービスの需要の高まりによってアルゼンチンはフォビにとって、仮想通貨とブロックチェーンを市場に広めるためにより大規模なプロジェクトを進めていくための完璧な入り口となる」とHuobi Clous(フォビ・クラウド)のシニアビジネスディレクター、David Chen(デビッド・チェン)氏が述べました。

 

この記事の翻訳元

Huobi Expands Crypto Exchange to Argentina Amid Peso Devaluation – CoinDesk

Pocket

関連記事