ニュース

【Mastercard】マスターカード、R3とクロスボーダー決済用ブロックチェーンプラットフォームを開発へ

Pocket

Mastercard(マスターカード)は、エンタープライズブロックチェーンを提供するR3と共同でブロックチェーンを基盤とするクロスボーダー決済プラットフォームの開発を目指しています。

 

マスターカードは、9月11日(水)の発表で、ブロックチェーンを基盤とするクロスボーダー決済プラットフォームの「開発と試験運用」を行うために、R3と提携を結んだと明かしました。当初の目標は、マスターカードの清算・決済ネットワークに支えられる銀行とより速い決済スキームをつなぐことです。

 

今回のプラットフォームは、オープンソースのCorda Network(コルダネットワーク)ではなく、商用バージョンであるCorda Enterprise(コルダエンタープライズ)上に構築されると、R3はCoinDeskに語りました。

 

今回の提携は、R3がブロックチェーンソリューション開発に持つ専門性とマスターカードの既存の決済システムやネットワークを統合する予定です。最終的に両社は、新しいプラットフォームが産業内に存在するコストのかかる決済処理、流動性の管理、銀行と国内清算システム間の基準や接続性の不足といった問題の解消に役立つことを期待しています。

 

R3のCEO、David E. Rutter(デビッド・E・ラター)氏は次のように述べました。

 

「大小関わらず全ての組織は支払いを送り、受け取る機能に頼っています。しかし、組織が頼りにしている技術はあまりに多くの場合、煩わしい上にコストがかさみます。クロスボーダー決済は特に悩みの種となり得ます。『コルダ』は、特にこのようなエンタープライズ用途のために設計されたものです。我々は、マスターカードがブロックチェーンを基盤とした決済事業を世界中に広げていくのを支えることを楽しみにしています」

 

マスターカードは、7月に国際決済企業Transfast(トランスファスト)を買収したことでネットワークが拡大されたと述べました。また今回の提携によって、R3のコルダを活用できるようになり、決済分野におけるマスターカードの能力がさらに強化されると述べました。

今回の発表の数日前、マスターカードはR3とTradeIXが立ち上げた貿易金融ブロックチェーンMarco Polo(マルコポーロ)に参画しました。

 

この記事の翻訳元

Mastercard, R3 to Develop Blockchain Cross-Border Payments Platform – CoinDesk

 

Pocket

関連記事