ニュース

【CoinGecko】「トラスト・スコア2.0」をリリース、透明性の向上を狙う

Pocket

市場データ収集企業、CoinGecko(コインゲッコー)は、同社の仮想通貨取引所評価企業Trust Score(トラスト・スコア)を仮想通貨取引環境にさらなる透明性をもたらしました。

 

一新された同社の評価システムは、流動性だけではなく、より複雑な指標を用いて、世界中の仮想通貨取引所を評価します。

 

シンガポールで開催中のCoinDeskのカンファレンス「Invest: Asia」にて、コインゲッコーの共同創業者Bobby Ong(ボビー・オン)氏は、同社が追跡している取引所の数を18カ月前の45社から363社に706%増加したと述べました。

 

コインゲッコーは、仮想通貨取引所の取引量偽装への対策として、2019年5月に初めてTrust Score(トラスト・スコア)システムを発表しました。

 

今回のアップグレードにより、「トラスト・スコア2.0」と呼ばれるようになった同評価システムは、4つの主要尺度を考慮することになります。取引所が使用しているAPIの対応範囲、運営規模、推定される仮想通貨準備金と規制遵守です。

 

コインゲッコーの共同創業者TM Lee(TM・リー)氏は「トラスト・スコア2.0のローンチは、仮想通貨取引所における透明性の推進に進展をもたらします」と、声明の中で述べ、次のように続けました。「仮想通貨取引所を総合的なデータセットに基づいてより的確に評価するために、さらに革新していくことが楽しみです」

 

コインゲッコーは新しい評価システムに基づき、仮想通貨取引所上位5社を割り出しました。その結果、Binance(バイナンス)、Bitfinex(ビットフィネックス)、Bittrex(ビットレックス)、Poloniex(ポロニエックス)、Coinbase Pro(コインベース・プロ)が挙げられました。

 

コインゲッコーが2019年9月11日に投稿したブログ記事によると、トラスト・スコア2.0の50%が取引所の流動性、20%がAPIの対応範囲、30%が運営規模に基づいています。

 

「今のところ仮想通貨準備金と規制遵守のカテゴリーは、トラスト・スコア2.0の計算には含まれていません。しかし、今後トラスト・スコアのアルゴリズムをアップデートする際に、含まれることが検討されています」と、同社はブログの中で述べていました。

 

仮想通貨準備金の推定と規制遵守の評価に関しては、大手ブロックチェーン企業のBitfury(ビットフューリー)と、デジタル通貨関連レグテック大手のCoinfirm(コインファーム)と連携しているとコインゲッコーは明かしました。

 

この記事の翻訳元

CoinGecko Releases ‘Trust Score 2.0’ to Boost Crypto Exchange Transparency – CoinDesk

Pocket

関連記事