ニュース

【SM】KPOP大手SMエンターテインメントは独自暗号通貨の発行を計画

Pocket

韓国3大芸能プロダクションの1つ、SMエンターテインメントは株主からの反発と株価の下落と戦う中、独自のブロックチェーンネットワークの構築、および暗号通貨の発行を計画しています。

 

SMエンターテインメントのテクノロジー部門、CT-AI Labsのディレクター、Joo Sang-sik(ジュ・サンシク)氏が2019年9月4日、仁川で開催されたUpbit Developer Conference(アップビット・ディベロッパー・カンファレンス)で発表しました。

 

暗号通貨を通じてアーティストの活動に投資できるようにし、ファンがエコシステムにより携わることを可能とするブロックチェーンネットワークの開発を目指していると、ジュ氏は明かしました。

 

同社はパブリック・ブロックチェーンとプライベート・ブロックチェーンの両コンセプトを活用しようとしており、現在ネットワークの構築に向けてパートナー候補と協議を進めていると述べていました。

 

エンターテインメントビジネスは現状、非効率的な決済システムを利用しており、ブロックチェーン技術がそれに役に立つと同氏は述べました。

 

同社は1995年に、「文化大統領」とも呼ばれるLee Soo-man(李秀満)氏によって創業され、同社には、少女時代、EXO、Red Velvetらが所属しています。

 

SMエンターテインメントは韓国の証券取引所に上場しており、時価総額は約6億ドル(約640億1800万円相当)です。同社は最近、その財政や一部の経営判断を巡って株主から懸念の声を受け、経営陣の交代を行いました。同社の株価は2018年11月から43%低下しています。

 

KPOP業界でブロックチェーン技術の利用を提案したのはSMエンターテインメントが初めてではありません。

 

2018年末、ブロックチェーン上でKPOP関連の暗号通貨取引を可能にするプラットフォームKo-fun(コファン)が発表されました。韓国の人気ポップグループ、BTS(防弾少年団)にちなんだ「BTSコイン」など、アーティストごとにコインを作成することが狙いです。

 

この記事の翻訳元

K-Pop Music Giant SM Entertainment Is Planning Its Own Cryptocurrency – CoinDesk

Pocket

関連記事