ニュース

【Apple】アップル幹部:仮想通貨は「長期的な可能性を秘めている」

Pocket

アップルの電子決済サービスApple Pay(アップル・ペイ)の副社長、Jennifer Bailey(ジェニファー・ベイリー)氏は、CNNがサンフランシスコで主催したイベントにて「仮想通貨は面白いと我々は考えています。興味深い長期的な可能性を秘めていると思います」とCNNの記者に述べました。

 

同イベントで、同氏は決済の未来について語っていたが、アップルが仮想通貨を活用する可能性については明言していませんでした。

 

アップルが2019年2月に米証券取引委員会(SEC)に提出した書類には、同社のブロックチェーン技術に対する関心を示唆する詳細が珍しくも含まれていました。

 

アップルは、大手企業140社以上が参加しているビジネスアライアンス「Responsible Business Alliance(RBA、責任ある企業同盟)」に参加しています。この同盟における鉱物のサプライチェーンに関するプロジェクト「Responsible Minerals Initiative」で、「ブロックチェーンガイドライン」の草稿作成に関わり、 RBAのブロックチェーンチームと協働していたことがSECに提出された書類から明らかになっています。

 

ベイリー氏はアップル・ペイによって、チップの支払いが難しくなってしまったとCNNに述べ、現在この問題を検討していると明かしました。

 

また同氏は、アップルが先日同社の新製品、Apple Card(アップル・カード)を他のクレジットカード、レザー、デニムなどに触れさせないよう勧めた理由も説明しています。「完璧な見た目を常に保っていて欲しいからです」と同氏は述べていました。

 

この記事の翻訳元

Rainforest Charity Launches Crypto Appeal to Help Protect Amazon – CoinDesk

Pocket

関連記事