ニュース

【コインベース】上位50校の大学、56%が暗号通貨やブロックチェーンのクラスがある

Pocket

Coinbase(コインベース)社が8月28日(水)に公開された調査によると、暗号通貨とブロックチェーンに対する学術的関心は全面的に高まっています。

 

世界で上位50の大学(USニューズ&ワールド・レポートのランキングに準拠)を対象に行われた調査では、その56%でブロックチェーンまたは暗号通貨の講義が行われています。昨年の調査では42%でした。

 

コインベースは調査サイトQriously(キュリアスリー)と協力して、735人16歳以上の学生を調査し、暗号通貨またはブロックチェーンに対する学生の関心が6%増加していることが分かりました。昨年のコインベース調査の一環として、回答者の28%がこのようなクラスに興味があると答えました。

 

さらに、昨年と比べて、約2倍、つまり18%の大学生が暗号通貨クラスまたはブロックチェーンクラスに参加しました。

コインベースによれば、特筆すべきは、暗号通貨またはブロックチェーンを扱うが既存のコンピュータ科学として分類されていない講義の割合です。7割が、主に金融、経済、法学、工学といった他専攻の傘下になります。

 

部活やサークルは、学問的関心の主要な原動力でもあります。コインベースによると、50校の大学のうち41校が暗号通貨またはブロックチェーンに関連する学生運営グループがあります。

 

この記事の翻訳元

Coinbase Study Says 56% of Top 50 Universities Have Crypto Classes – CoinDesk

Pocket

関連記事