ニュース

【Facebook】「リブラ」支援企業が撤退を検討

Pocket

Facebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」を支援する企業の一部が、規制当局からの高まる圧力を理由に手を引くことを検討していると報じられていました。

 

企業名は明かされていませんでしたが、支援企業のうち3社はリブラが金融安定性への脅威となる可能性を世界中の規制当局から懸念されていることを受け、同プロジェクトに関与しているとみなされることに不安を示していると述べていました。

 

EU(欧州連合)は先日、独占禁止法面での問題をめぐり、リブラの運営・開発を目的に設立されたLibra Association(リブラ協会)を調査する動きに乗り出したと報じられました。

また、米議員らは、規制上の問題が解決されるまで、プロジェクトの中断を要求しています。

 

その結果、2社がリブラから手を引くことを検討している、とフィナンシャル・タイムズが伝えました。

 

6月中旬に発表されて以来、28社が最大で1000万ドル(約10億6400万円相当)を支払い、これら加盟企業には、クレジットカード大手のVISAやMastercard(マスターカード)、オンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)、配車サービスのUber(ウーバー)などの大手企業も含まれています。VISAのCEOは、同社が署名したのは「リブラに参加するために法的拘束力のない意向表明書」で、まだプロジェクトに完全にコミットしている訳ではないことを2019年7月に明らかにしました。

 

リブラを公に支持することは、「規制を遵守していると見なされることを望む加盟企業にとっては難しくなるだろう。また、プロジェクト公表の前に規制上の問題に対処するべきだった」と加盟企業は語りました。

 

フェイスブック社もリブラ協会のメンバーがプロジェクトに対して支持を表明していないことに不満を抱いていると述べ、いら立ちはお互い様のようです。

 

この記事の翻訳元

Tensions Rising at Facebook Libra as Backers Consider Quitting: Report – CoinDesk

Pocket

関連記事