ニュース

【AWS】アマゾンAWSの障害で仮想通貨取引所に問題を発生

Pocket

2019年8月23日(金)、Amazon(アマゾン)社のクラウドサービス、アマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services=AWS)で発生している障害が、一部の仮想通貨取引所のサービスに影響を与えています。

 

「現在、AWSの主にキャッシングサービスで障害が発生しており、世界中でユーザーの一部が影響を受けている。弊社はAWSと協力し、状況を注意深く監視している。AWSの障害により、APIで500エラーメッセージが引き起こされており、出金処理の一部にも影響が出ている」と仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEO、Zhao Changpeng(ジャオ・チャンポン)氏が問題ついて、ツイートしていました。

 

「東京のAWSに配備しているマシーンルームにあるシャーシの一部にオーバーヒートがあり、弊社の一部のサービスがご利用いただけなくなる可能性があります。エンジニアリング業務担当チームが現在、発生する可能性のある緊急事態に対応するために、地域全体で可用性が高い関連リソースを配備しています。配備の際に、一部のサービスが影響を受ける可能性があります」と仮想通貨取引所クーコイン(KuCoin)も公式サイトで東京のAWSを利用したサービスで障害が発生している、と述べていました。

 

仮想通貨投資企業、Primitive Ventures(プリミティブ・ベンチャーズ)の創業パートナー、Dovey Wan(ダビー・ワン)氏は、多くのアジアの取引所が影響を受けており、AWSの問題によって不安定な市場データが生まれているとツイッターに投稿しました。

 

「多くのアジアの取引所で、価格の不安定さが見られます(そして、取引の実行は可能でした。指値注文を出していれば、ビットコインを非常に安く買うことができます)」とワン氏は述べていました。

 

さらに同氏は、不特定の仮想通貨取引所のオーダーブックデータと見られるスクリーンショットも投稿しました。そのデータは、とある投資家がテザーのステーブルコイン、USDTで、45ビットコイン(BTC)を1ドル(約106円)未満で購入することができたことを示唆しています。CoinDeskの価格インデックスによると、記事執筆時点でビットコインの価格は、約1万190ドル(約109万円)です。

AWSの状況ページは、東京の施設に問題があることを示していました。同社は根本的な原因を突き止めたとし、状況は通常の状態に回復し始めていると述べています。

 

この記事の翻訳元

Amazon Cloud Outage Caused Major Issues at Some Crypto Exchanges – CoinDesk

Pocket

関連記事