ニュース

【ATO】自己運用年金額の90%以上を単一資産に投資することは「違法」 豪州税務当局が警告

Pocket

オーストラリア税務署(ATO)は、自身で年金を管理している人の中で、リスク対策の一環として、貯蓄の90%以上を単一資産(仮想通貨や不動産を含め)に投資している1万8000人を対象に警告状を送りました。規制違反に対して、最大4,200 AUD(約30万円)の罰金が課せられると告げられました。

「暗号通貨への投資により退職貯蓄のかなりの金額が失った事例も見てきました」とATOのスポークスマンはオーストラリアのニュースサイトMickyに語りました。

分散投資を呼びかける上記の警告に加え、ATOは、仮想通貨への投資はボラティリティがあるためリスクが高いと自己年金運用者に伝えました。自身で仮想通貨や取引所のことを調べ、十分注意して投資することを推奨しています。

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)も同様の方針を採用しています。

 

この記事の翻訳元

All-Crypto Retirement Accounts Will Be Fined: Australian Tax Office – CoinDesk

Pocket

関連記事