ニュース

【IBM】ブロックチェーンベースのウェブブラウザー関連の特許を申請

Pocket

IBMの特許は、8月6日に米国特許商標庁(USPTO)データベースによって公開されました。このブラウザーは閲覧履歴をP2Pネットワークに支えられたオンチェーン保管スペースに送られます。

 

特許によれば、ブラウザーは閲覧セッションから事前に指定された情報を収集します。情報は収集と保存のためにP2Pノードのネットワークに転送されます。情報の収集は選択した環境によって異なります。たとえば、職場のパソコンで閲覧する場合と自宅のパソコンで閲覧する場合は異なる設定が必要になります。

 

保存可能なセッション情報のタイプには、訪問したWebサイトやブックマーク、検索ワード、クッキーズ、タスクのパフォーマンス、位置情報、プラグインのインストール、およびセキュリティパッチが含まれています。

 

会社が述べているように、ブロックチェーンベースのブラウザーは、「プライバシーが保護され、第3者ではなく、ユーザー自身がコントロールできるように、閲覧情報を保管するシステムを提供しています」

 

今回IBMの商品にはトークンが含まれています。トークンはP2Pネットワークにブロック化されるため、ユーザーの閲覧履歴を検証するとIBMが述べました。

 

ノルウェーのウェブブラウザーの会社、Operaは、最近6月にiOS Opera Touchブラウザーを立ち上げました。 Web 3.0用に構築されたOpera Touchには暗号通貨ウォレットが組み込まれており、ERC-20トークンを含むWeb 3.0アプリケーションを簡単に接続できます。

 

この記事の翻訳元

IBM Files Patent for a Blockchain-Based Web Browser – CoinDesk

Pocket

関連記事