ニュース

【Kakao】Dappに対応する仮想通貨ウォレットの年内にローンチする予定

Pocket

独自のブロックチェーンを今年6月にローンチしたメッセージングアプリ大手、Kakao(カカオ)は、仮想通貨ウォレット、Klip(クリップ)を今年中にリリースする予定だと発表しました。

同社は2019年8月12日に、同社のアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」の「More(その他)」のタブにティーザーページを投稿し、計画されている製品の詳細をいくつか表示されていました。

 

カカオ傘下のブロックチェーン開発企業GroundX(グラウンドX)が開発したクリップは、ユーザー情報と仮想通貨を管理するウォレットとなります。具体的には、同社のブロックチェーン「Klaytn(クレイトン)」のネイティブトークン「Klay(クレイ)」と、同社のKRC-20基準に基づく関連トークンに対応します。

同社によると、ユーザーは同社の決済サービス「Kakao Pay(カカオペイ)」と同様に、カカオトーク内の連絡先に仮想通貨をリアルタイムで送信できるようになります。

クレイトンは、6月27日(木)にメインネットにローンチされ、グラウンドXは従来のウェブサービスと同等のレスポンス速度を誇ると述べています。

 

クリップのティーザーページには、食事推奨プロジェクト「Hintchain(ヒントチェーン)」など、初期パートナーとなる分散型アプリケーション(Dapp)サービスのロゴもいくつか掲載されています。カカオによると、ユーザーはこれらの分散型アプリを使用することで報酬として仮想通貨を得ることができ、獲得した仮想通貨をクリップで保有し、管理できると述べました。

 

この記事の翻訳元

Kakao Teases 2019 Launch of Crypto Wallet, Dapp Partners – CoinDesk

Pocket

関連記事