ニュース

【エティハド航空】ブロックチェーンプラットフォームのワインディング・ツリーと提携

Pocket

アラブ首長国連邦(UAE)の国営航空会社、Etihad Airways(エティハド航空)は、内部情報システム構築のために、スイスに拠点を置くブロックチェーンスタートアップ、Winding Tree(ワインディング・ツリー)と提携することになりました。

 

分散型旅行流通プラットフォームを提供するワインディング・ツリーはエティハド航空の流通システムにロジスティクス面でサポートすると2019年8月9日(金)ロイターが報じました。

 

 

「我々は、プラットフォーム上で実験や新しいソリューションの開発をしてきました。これは、最終的には、お客様の利益となります。イノベーションがあれば、ディスラプションが起こり始め、競争が生まれ、消費者にとってよりお得な価格につながります」とワインディング・ツリーの最高執行責任者、Pedro Anderson(ペドロ・アンダーソン)氏も、同様の意見を述べておりました。

 

「物流の世界にディスラプションを起こそうとした企業はほとんどありません。なぜなら、非常に大きな利益を抱えた少数の大手企業が、そのような排他的な状態を保つようにしてきたからです」と、トーマス氏は語りました。

 

ワインディング・ツリーは、世界中の様々な航空会社、ホテル、旅行会社に対してリアルタイム情報システムを提供しています。

 

ワインディング・ツリーは2017年、暗号化トークンを利用したブロックチェーンベースの旅行マーケットプレイスを開発するために、Lufthansa(ルフトハンザ航空)と提携しました。またAirFrance-KLM(エールフランスKLM)も昨年10月からワインディング・ツリーと提携を結んでいます。

 

この記事の翻訳元

Etihad Airways to Pilot Winding Tree Blockchain – CoinDesk

Pocket

関連記事