ニュース

【Seagate】シーゲイト、IBMと製品追跡ブロックチェーンの試験運用へ

Pocket

データストレージ大手のSeagate(シーゲイト)は、ブロックチェーン技術の不正に対抗する力を測るトライアルを次の段階へと進めます。

 

経済誌フォーブス(Forbes)の記事によると、シーゲイトは、2018年にIBMと提携して始めたブロックチェーンベースの商品追跡トライアルを概念実証(PoC)から試験運用段階へ進めています。実際に運用した場合にプラットフォームがどれほどスケーラブルなのかを評価することが目的です。

 

シーゲイトの研究グループでデータ・セキュリティーのマネージングテクノロジストを務めるManuel Offenberg(マニュエル・オッフェンバーグ)氏はフォーブスに対し、試験運用はまだ開始されていないが、会社からはすでに承認を受けていると述べました。

 

このブロックチェーンプロジェクトは、シーゲイトのハードドライブがいくつかの段階を経て顧客に届くまでを追跡します。トライアルの対象となるのは、シーゲイトの主要顧客であるIBMです。シーゲイトに商品が返品されるまでの過程も追跡することができます。これは、純正品の代わりに偽造品が送り返されないように役に立ちます。

 

このプラットフォームのもう1つの用途は、欠陥やその他の理由で返品されたドライブが全て「認定された消去」プロセスを経ており、内部にいかなるユーザーデータも残されていないことを確認することです。

 

「ドライブが(中略)返品プロセスの一環で戻ってきた際に、ドライブが暗号消去されており、情報がデバイスにもう残っていないことを証明できれば、リスクの観点から、このリバースサプライチェーンはそのデバイスを違った形で扱うことができます」と、オッフェンバーグ氏は語った。

 

シーゲイトの製品セキュリティー担当者、Monty Forehand(モンティー・フォーハンド)氏は記事の中で、シーゲイトの製品にはすでに、QRコードをベースとしたブランド保護タグがついているが、ブロックチェーン技術はまだ活用されていないと述べました。サプライチェーンでの試験運用の結果、およびその他要素次第で変わるかもしれませんと述べました。

 

この記事の翻訳元

Tech Firm Seagate Pilots Anti-Fraud Blockchain Tracking With IBM – CoinDesk

Pocket

関連記事