ニュース

【Fold】決済アプリ「フォールド」、スターバックスやアマゾンで買い物するとビットコインでキャッシュバック

Pocket

米仮想通貨決済スタートアップ、Fold(フォールド)は、今年2月、ライトニング・ネットワークを利用して、ドミノ・ピザを購入するためのサービスをリリースしました。そして今回は、同社のモバイルアプリ「フォールド」を利用して買い物をしたユーザーに、BTC(ビットコイン)でキャッシュバックするサービスをリリースしました。同アプリは、Amazon(アマゾン)、Uber(ウーバー)、Starbucks(スターバックス)、Burger King(バーガーキング)、Target(ターゲット)などで利用できます。

 

ウェブブラウザ拡張機能「ローリー(Lolli)」も、すでにデスクトップユーザー向けにこの機能を提供しており、現在独自のモバイルアプリを開発中です。ローリーはブラウザ内ウォレットを提供しており、ユーザーはそこからキャッシュバック報酬で得られたビットコインを外部ウォレットに送ることができます。一方、フォールドのアプリはユーザーが指定した外部ウォレットに報酬を自動的に送れます。

 

フォールドとローリーのもう1つの違いとして、フォールドにライトニング互換性があることが挙げられました。ローリーがブランドと直接やり取りをしている一方で、フォールドがプリペイドカードネットワークと提携し、ユーザーのビットコインでギフトカードを購入し、ユーザーの代わりに商品を購入しています。

 

ローリーとフォールドのどちらの幹部も、月間アクティブユーザーは数千人に上ると述べています。ローリーのCEO、Alex Adelman(アレックス・アデルマン)氏は、モバイルアプリのローンチに加えて、「ライトニングはビットコインの一般普及を助ける強力なツールになるだろう」とローリーの支払い機能にライトニングを実装する計画があると述べました。

 

この記事の翻訳元

Fold App Adds Bitcoin ‘Kickbacks’ for Purchases at Target, Starbucks – CoinDesk

 

Pocket

関連記事