ニュース

【Facebook】フェイスブック社、リブラがローンチされない可能性を認める

Pocket

ソーシャルメディア大手のFacebook(フェイスブック)は、グローバル仮想通貨プロジェクトLibra(リブラ)のローンチにあたって、規制的問題という壁を乗り越えられないかもしれないことを認めました。

 

フェイスブックは、米国証券取引委員会(SEC)に提出した最新の四半期決算報告の中で、アメリカやその他国々において、新テクノロジーに対する規制が不明瞭であることを指摘し、それは「リブラやそれに関連する製品・サービスを予定通りに提供できるか、また、そもそも提供できるかが一切保証できない」と述べました。

 

「Libra Association(リブラ協会)への参加によって、フェイスブックは規制当局の厳しい監視の対象となるだけでなく、事業、評判、決算に悪影響を与え得る、その他のリスクにさらされることになるだろう」と同社は述べていました。

 

また同社は、リブラは「比較的新しく、実証されていないテクノロジーに基づいている」とし、仮想通貨関連の法律や規制は「不明確だ」と指摘していました。

 

SECに提出された報告書には「リブラは複数の法域の政府や規制当局による厳しい監視を招いており、我々はそのような監視が続くと考えている」と記されていました。

 

リブラは何十億人ものフェイスブックユーザーに仮想通貨を普及させることができるかもしれません。しかし、フェイスブックが指摘する通り、リブラは世界中の規制当局から注目を集めています。

 

リブラが中央銀行の発行する通貨と金融安定に対する脅威となり、マネーロンダリングや詐欺にグローバルな手段を提供する可能性があるという懸念から、中央銀行、閣僚、監視機関らは、同プロジェクトに関するさらなる情報を要求しています。

 

主要7カ国(G7)は、仮想通貨関連の問題を検討するためのタスクフォースを設立しました。同タスクフォースは、特にリブラに焦点を当てており、2019年7月に、リブラプロジェクトを管理するためには「最高水準の」規制が必要となるとの結論を出しました。

 

下院金融サービス委員会長を含む一部の人々は、そのような懸念が解消されるまではプロジェクトを一時中断することさえも要求しています。

 

「これらの法律や規制、および関連する問い合わせや捜査は、リブラ通貨のローンチ、および我々の製品・サービスの開発を遅らせる、または妨げる可能性があります。また、運営コストを膨らませ、管理のために膨大な時間や注意を必要とする、事業に害を及ぼす可能性があります」とフェイスブックは報告書の中で述べました。

 

フェイスブックがリブラの実現可能性に対して抱える疑念は、全てが規制によるものというわけではありません。同社は、リブラが人気製品として成功できるかどうかが不確実なこと、そして同社が「仮想通貨やブロックチェーン技術分野における、しっかりとした経験」を欠いていることも、困難をもたらす可能性のある要素として挙げています。

 

フェイスブックは、このプロジェクトにどれだけ資金をつぎ込んでいるのかについても少し心配しているように思われます。

 

「リブラ協会への参加や、関連製品・サービスの開発とマーケティングは、コストの増大を招くこととなり、我々の投資は成功しない可能性もあります。これらのいかなる結果も弊社の事業、評判、決算に悪影響を与える可能性があります」と同社は、報告書の中で結論付けました。

 

この記事の翻訳元

Facebook Libra Might Never Launch, Company Concedes in SEC Disclosure – CoinDesk

Pocket

関連記事