仮想通貨の基礎知識

仮想通貨で投資信託!特徴やメリット・デメリット、最新情報を徹底解説!

Pocket

仮想通貨は「これまでのお金の代わり」という使い方以外に、投資対象としても関心が寄せられています。この記事をお読みの方の中には、投資目的で仮想通貨の取引をしている方や、これから投資することを検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、仮想通貨は価格の上下が激しく、しっかり運用しないと大きな損をしてしまうことも。また、仮想通貨には専門用語が多く、理解が難しいものでもあります。

情報源が外国語なことも多いため、とっつきにくい印象がありますよね。そのため、「投資に興味はあるけど、難しいことはわからないから誰かに運用をまかせたい」という本音をお持ちの方も多いはずです。

そんな方に耳寄りの情報です! 近年、仮想通貨の投資信託サービスが徐々に揃ってきています。これを使えば、難しいことをする必要なく、気軽に仮想通貨に投資できるんです。

この記事では、仮想通貨投資信託の特徴やメリット・デメリット、仮想通貨投資信託をめぐる最新の状況について解説します!

仮想通貨投資信託の特徴

「そもそも投資信託とはなにか」を理解すれば、仮想通貨投資信託の特徴が理解できます。

投資信託とは別名で「ファンド」とも呼ばれ、複数の投資家から資金を集め、集めた資金を運用し利益を配当するサービスのことを意味します。

ファンドは投資家が直接取引を行うのではなく、「ファンドマネージャー」と呼ばれる運用のプロが代わりに取引を行います。つまり、「投資信託」の名の通り、投資をおまかせできるんです。

投資によって生まれた利益や損失は、ファンドへの出資割合に応じて、各投資家に配分されます。ただし、ここで注意が必要なのは、元本が保証されていないこと。投資したお金分が返ってこないこともあるんです。

以上が投資信託の概要と特徴ですが、仮想通貨の投資信託も同じ原理です。仮想通貨に対して、ファンドが投資を行っていきます。

仮想通貨投資信託のメリット・デメリット

運用をおまかせできる分、ラクに仮想通貨への投資ができますが、投資信託の運営会社に手数料を支払う必要があるなど、デメリットも存在します。メリット・デメリットをしっかり理解した上で利用することをおすすめします。

仮想通貨投資信託のメリット

仮想通貨投資信託のメリットは、普通の投資信託のメリットと同様です。つまり、以下のようなメリットがあります。

  • 運用をプロのファンドマネージャーにおまかせできるため、仮想通貨への詳しい知識が不要
  • 変動の激しい仮想通貨の価格や市場動向を逐一追わなくても良い
  • 複数の仮想通貨に分散投資してくれるため、比較的低リスクで運用できる

仮想通貨投資信託のデメリット

一方、仮想通貨投資信託には以下のようなデメリットもあります。

  • ファンドマネージャーが運用する分の手数料を支払う必要がある
  • 運用がおまかせとなるため、好きな銘柄に、好きなタイミングで売買ができない
  • 元本保証がなく、投資した金額が回収できないこともある

仮想通貨投資信託の最新情報

投資信託は金融機関が好き勝手に提供できるサービスではありません。基本的に、各国で定められたルールに基づき、国などにより認可された投資信託サービスだけが利用できます。

ただし、法整備などはこれからの部分も多いため、仮想通貨投資信託の利用をお考えの方は、その動向にはアンテナを張っておくことをおすすめします。

たとえばアメリカでは、2019年5月23日に、イーサリアム関連の投資信託が許可されました。

これは、アメリカの投資ファンド「Grayscale Investments LLC」による投資信託です。同社はすでにビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム・クラシック、リップルなどの主要仮想通貨の投資信託を運営しています。

一方、募集を開始した仮想通貨投資信託が休止になることもありますので、注意が必要です。

たとえば、仮想通貨を含む分散投資を行うことで話題となった「キャピタル・ストラテジーズ・トラスト-エポック・デジタル・アセッツ」、通称「ディジアセ」。2018年10月15日に募集開始後、2019年2月1日に募集が休止されました。

これは、行政当局の法整備が整っていないことが原因になったようです。今後の法整備が期待されます。

ディジアセ | グローバルファンドプラザ Global Fund Plaza

おわりに

「仮想通貨への投資に興味はあるけど、しっかり運用していけるか不安」「できることならプロに運用をまかせられないか」などとお考えの方は、仮想通貨投資信託が有力な選択肢となります。

低リスクで運用をおまかせできることが魅力ですが、元本割れなどのリスクもありますので、しっかり検討してくださいね。

Pocket

関連記事