仮想通貨プラス > アルトコイン > ストロングハンズ【StrongHands(SHND)】とは?特徴や将来性、口コミ・評判を徹底比較

ストロングハンズ【StrongHands(SHND)】とは?特徴や将来性、口コミ・評判を徹底比較

2018-04-02

01

Pocket

ストロングハンズとは?

ストロングハンズ
公式サイト:StrongHands

ストロングハンズはいわゆる草コインに分類される仮想通貨です。通貨のシンボルに筋肉が描かれていること、ストロングハンズという名前から「筋肉コイン」とも呼ばれています。

公式サイトの日本語がおかしなことになっているので、こちらをご覧になられた方は少し不安に感じるかもしれませんね。開発者も不明であることも相まって、情報が少ない仮想通貨です。

ストロングハンズの特徴

ストロングハンズは公開日も発行枚数も不明ですが、コンセンサスアルゴリズムにPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用していることが分かっています。PoSはコインの保有量が多いほど承認権を得やすい仕組みになっているので、PoW(プルーフ・オブ・ワークス)と違って高性能のコンピューターは必要ありません。

ストロングハンズはマイナーなコインですが、ハードフォークが行われていますし、大化けする可能性はあります。

現在のところ情報が少ないですが、2018年の新年から公式Twitterが開設されたので、そちらの方でも情報をチェックしてみてください。

@SHNDcoin
https://twitter.com/SHNDcoin

ストロングハンズ【StrongHands(SHND)】の口コミ・評判

草コイン中の草コインに興味を惹かれて購入

ビットコインのブームが過ぎ去り、草コインが次なるブームとして注目され始めました。草コインはバイナンスなどで星の数ほど販売されていますが、草コイン中の草コインであるのがこの StrongHands(SHND)です。 StrongHands(SHND)を購入した経緯ですが、最初は知人の紹介でした。しかし、それだけで購入するほどやわじゃありません。 StrongHands(SHND)の価値は今現在でも相当低く、今後しばらくはこの状態が続いていくと思います。この目的やコンセプトのはっきりしない StrongHands(SHND)はその状態が続く限りこのままですが、医療との関係性もあるようでこの点に期待しています。(男性/20代)

StrongHands(SHND)は頃合いを見つつ、売買した方が良い仮想通貨です

StrongHands(SHND)は仮想通貨のなかで異色となっていて、1通貨の桁数が低いのだけど低いコインで運用が可能となっているため、少ない投資でも利益をそれなりに得られるようになっています。自分もStrongHands(SHND)で取り引きをした事がありますが、高値で売る事ができる事もできるので投資した分よりも稼げる感じとなっています。StrongHands(SHND)はどちらかというと、頃合いを見計らい仮想通貨を売るという戦略の方が良いかもです。1日の取引量も多い仮想通貨でもあるので今後は更に需要が増えていく可能があるため、将来を期待されている仮想通貨だと自分は思っています。StrongHands(SHND)を利用する時はとにかく頃合いを見て仮想通貨を売買する事をおすすめします。(男性/30代)

ネタコインとして名が知られているStrongHands(SHND)は世界的にも有名です

StrongHands(SHND)は仮想通貨のなかでユニークなものとして人気と注目を集めていて、少ない投資で稼げるので安心して売買が行えるようになっています。1通貨の桁数は低いけど、低いコインで動くコインとしてはかなり優秀なものとなっているため、気軽に投資を行う事ができますが、相場が変動しやすい特徴もあるので売りたい時は頃合いを見てから動く事をおすすめします。自分も少なく目の投資で StrongHands(SHND)を運用しておりましたが、相場が良い方向に動くまでは情報を毎日確認しながら、変動とかを見ていた感じであり、投資額よりもそれなりの利益を得られる所を見てすぐに取り引きをした感じとなっています。セキュリティもしっかりとしていて取引所もそれなりにあるので運用しやすくなっていて、日本では「剛力コイン」とか「筋肉コイン」と呼ばれております。今後のStrongHands(SHND)は更にユーザーを獲得していき、世界中の方々が気軽に投資を行え、売買ができるシステムになっていく事を予想しています。(男性/30代)

メリットがあると思い、この仮想通貨は買ってみましたが

StrongHands(SHND)はメリットがあると思い、買ってみましたが、なかなか良い銘柄だったのではないでしょうか。すぐに売ってしまったので少しだけ儲けることができましたが仮想通貨をやっていく上で銘柄選びと言うものは慎重に選んでおいた方が良いでしょう。ネット上の意見はある程度参考にしておいた方が良いと思います。また過去の状況を見てこの銘柄は今後来ると思い買いましたが、外れて損をしてしまうということもあるので、注意が必要です。ネット上で今後この銘柄がくると言われているようなものが参考に見ておいた方が良いですし数多くの人たちが来ると言っているような銘柄はその通りくるということがあるので見ておくと良いでしょう。(男性/30代)

何の強みもないアルトコインを逆に購入しました

StrongHands(SHND)ははっきり言って何のとりえもないアルトコインです。しかし、私はこのStrongHands(SHND)を100,000円分所有しています。その理由は、価格の変動が小さくリスクが低いからです。リップルやネム、リスクなどのアルトコインは連動して大きく値動きしていますが、StrongHands(SHND)はほとんど連動しません。なので、StrongHands(SHND)を購入することは、株式の世界に例えるのであれば分散投資と言えるかもしれません。ほかのアルトコインが株式であるなら、StrongHands(SHND)は債権と呼べるかもしれません。しばらくはStrongHands(SHND)の様子を見守る予定です。(女性/20代)

Pocket

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます